1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 会社を調べる
  4.  > 
  5. 神奈川
  6.  > 
  7. 川崎市で評判のリフォーム会社や補助金一覧

キーワードから探す


2019年01月09日更新

川崎市で評判のリフォーム会社や補助金一覧

神奈川県川崎市にある住宅のリフォームを検討している方は必見です!どこのリフォーム会社に頼めば良いのかが分からない…。そんな方のために川崎市内にあるおすすめの会社を紹介します。合わせて川崎市のリフォーム補助金制度も確認しておきましょう!

川崎市のリフォーム会社の選び方

信頼できるリフォーム会社へ依頼したいものの、選び方が分からない方も多いことでしょう。地元のリフォーム店や会社の場合、出張費や作業時間のロスを省くことができ、費用を抑えることにつながるメリットがあります。

川崎市では、耐震化改修費用や省エネ機器の新設費用などについて、助成や補助制度を利用することができます。このような制度を利用したい場合、対象となるリフォームに詳しい業者を選ぶことがお薦めです。

また、リフォーム会社ごとに得意不得意な工事もあることから、依頼する会社が何を得意としているかを把握したうえで、それぞれリフォームの箇所別に得意なリフォーム店に依頼するのがベストです。

下記の「川崎市で評判のリフォーム会社一覧」では、川崎市にあるリフォーム店や会社を紹介しています。ぜひリフォーム業者選びの参考にしてください。

川崎市で評判のリフォーム会社一覧

株式会社あすなろ建設
所在地神奈川県川崎市中原区木月3-60-25
TEL044-750-9135
対応
建物種別
戸建て マンション・アパート
対応
工事種別
バリアフリー・介護 フルリフォーム・リノベーション 増築・改築 水まわり(キッチン・浴室・トイレなど) 内装(床・壁紙・天井など) 外構・エクステリア 屋根・外壁
会社の特徴
【安心して任せられる、住まいのドクター「あすなろ建設」】

・あすなろ建設が選ばれる5つの安心
安心1「30年以上の確かな経験」長年の経験を活かし、確かな技術で理想のお住まいに仕上げます。
安心2「スピード対応」お客様のご要望に迅速に対応しストレスの無い進行を行います。
安心3「的確なアドバイス」ヒアリングをもとに、施工プランや当社からのご提案を行います。
安心4「信頼のネットワーク」信頼のおける様々な会社との連携で各種施工を行います。
安心5「地域の方の心配り」長年の経験を活かし、確かな技術で理想のお住まいに仕上げます。

川崎市中原区を中心に、戸建てやアパート等のリフォームや改修工事を行っております。
会社は神奈川県建設業許可済で、代表がリフォームの相談員の資格をもっております。
内装から外装、住宅設備、エクステリア関係と幅広い工事対応が出来ます。
内装ではフローリングの張替えやクロスの張替え、外装では外壁や屋根の塗装工事や
バルコニーの改修工事、住宅設備ではキッチンやユニットバス、洗面台、便器、給湯器の交換、
住まいに関係するあらゆる事でしたらお気軽にご相談ください。
この会社への相談

川崎市で受けられるリフォーム補助金・助成金

川崎市では、耐震化への改修に伴う費用の助成や省エネ機器の新設費用への補助、要介護者などに対する住宅改修費支給などを受けることができます。

以下では、川崎市で受けることができる、主なリフォーム補助金や助成金について紹介します。なお、情報は2018年12月24日現在のもので、要件などの詳細はご利用前に確認が必要です。

木造住宅耐震改修助成制度

1981(昭和56)年5月31日以前に在来工法によって建築された、市内にある2階建て以下の木造住宅について、市の登録業者に依頼して耐震改修を行う場合、費用の一部について助成を受けることができます。

助成は、住宅の所有者または親族が対象で、100万円を上限として、費用の3分の2について支給を受けることができます。市民税が非課税の世帯では、上限が150万円、補助率が4分の3に増額されます。

川崎市スマートハウス補助金(創エネ・省エネ・蓄エネ機器導入補助事業)(個人住宅)

市内にある住宅の居住者であれば、太陽光発電システムやエネファームなどの省エネ機器を組合せて導入する場合、設置費用の一部について補助を受けることができます。

補助は、太陽光発電システムの場合が、8万7千円を上限として出力1kW当たり2万5千円、エネファームでは3万円などの支給を受けることができます。

なお、このスマートハウス補助金の利用に合わせ、住宅金融支援機構「フラット35(子育て支援型)」を借入れる場合、補助金の受給のほか、当初5年間、借入金利を0.25%引下げることも可能です。

要支援・要介護者の「住宅改修費支給」

市内の要支援・要介護と認定された方が、手すりの取り付けや段差の解消など、自宅で自立した生活を送ることを目的として住宅を改修する場合、20万円を限度として、最大で費用の9割について補助を受けることができます。

高齢者住宅改造費助成事業

市内の要支援・要介護と認定された方が、在宅で安全な生活を送るために、介護保険制度の「住宅改修費支給」では対象とならない住宅の改造を行う場合、費用の一部について助成を受けることができます。

合計所得が350万円未満の世帯などが対象で、浴室、手洗所、居室、玄関、食堂、廊下、階段などの改造工事について、100万円を限度として、課税区分などに応じて費用の50%以上の助成を受けることができます。

リフォームする際のポイント

もしリフォームを実際に行うとなった際には、ぜひお近くのリフォーム会社に一度ご相談することをおすすめします。

リフォーム会社に相談する時に一番気になるのは「いくらかかるのか」という金額の部分かと思います。

正確なリフォーム金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

その際に、損をしないリフォームを実現するために重要なことが一点あります。

それは、リフォーム会社1社のみに現地調査と見積もりをお願いするのではなく、複数社に依頼して、必ず「比較検討」をする!ということです。

複数の会社に依頼する時のポイントは「同じ条件」で依頼することです。バラバラの条件で依頼をすると、正しい比較ができません。

このポイントをきちんと押さえ、複数の会社の提案を受けることでご希望のリフォームの適正価格が見えてきます。

「色んな会社に何度も同じことを伝えるのがめんどくさい…。」という方はカンタンに複数社を比較検討できるサービスもございますので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!