1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 費用を調べる
  4.  > 
  5. 風呂・洗面台
  6.  > 
  7. 浴室に埋め込みスピーカーを設置するのにかかる費用は?

キーワードから探す


2017年11月22日更新

浴室に埋め込みスピーカーを設置するのにかかる費用は?

浴室でゆったりと音楽を聴いたりテレビを見たりして上質なひとときを過ごしたい。浴室にスピーカーやテレビを埋め込めば、本格的なサウンドシステムを作ることができます。そこで、気になる費用やおすすめメーカーなどを詳しくご紹介します。

浴室にスピーカーを埋め込む費用は?

お風呂で音楽を聴きたいときは、スマホや携帯、オーディオ機器などを持ってきて音楽を聞くのが一般的だと思います。ポータブル防水スピーカーなどの商品もありますが、やはり音響的にも少し寂しい気がしますよね。

そこでおすすめなのが埋め込み式スピーカーです。もちろん防水・防滴・防カビ仕様なうえ、Bluetooth対応機能が付いているので浴室にスマホなどを持ち込まなくても、高音質を楽しむことができます。

しかし、浴室にスピーカーを埋め込むにはいくつかの条件があります。
・浴室の天井に点検口がある
・天井裏の高さが20cm以上
・浴室がユニットバス

これら3点が揃っていないと、天井や壁にスピーカーを設置することができません。埋め込み設置作業はまず天井や壁に取付用の穴をあけて、スピーカと駆動ユニットを設置し、電源のケーブルを接続するだけの簡単作業です。

スピーカーを天井に埋め込む費用は以下の通りです。

本体価格
・浴室用防水スピーカー埋め込みタイプ:約3万円~4万5,000円
工事費
・スピーカー取付工事:約3万~

浴室にテレビを設置したときの費用は?

お風呂でテレビや映画も楽しみたい人は、スピーカー工事と一緒にテレビの設置もおすすめです。スマホや携帯電話で視聴の場合、お風呂では電波が入りにくく画像が乱れたり、映像が止まったりして視聴しづらくなります。

また、テレビ音声をスピーカーで聞くことができるので、ホームシアターのように本格的なサウンドシステムを作り上げることができます。

浴室にテレビを設置できる条件は、埋め込みスピーカーと同じです。テレビの場合天井裏の配線工事やチューナー設置の他、それぞれ部屋にあるテレビのアンテナ線の分配器に、浴室のテレビのアンテナ線を接続します。

そして設置したチューナーに接続されたコードは、壁の内側を通り浴室の壁に開けられた穴へ通してテレビと接続させたら完成です。配線工事の流れは現場状況によって異なりますが、大体このような感じになります。

テレビの本体価格と工事費合わせた費用は以下になります。

・本体価格、工事費:約8万8,000円~約20万円

テレビの大きさや設置場所によって値段は変わってくるので、施工会社に見積もりをもらうといいでしょう。

浴室におすすめのスピーカは?

音楽好きだと音質にこだわりがある人が多いと思います。特に浴室に埋め込む場合、取り外しや交換が困難だったり、工事費用がかかったりするので取り付けるときは後悔のないように選びたいですよね。

近年防水スピーカーも進化していて、デジタル信号を直接スピーカーに送るシステムがあり省エネやサウンドの質に特化したものもあります。

そんなおすすめの浴室用埋め込みスピーカーをご紹介します。

クラリオンZF160

・価格:約6万3,000円 

【機能】
・16cmデジタル音源スピーカーユニット、リモコン・駆動ユニット
・駆動ユニット2つでステレオ再生可能
・防水、防滴、防カビ仕様
・Bluetooth対応
・デジタル音源から直接スピーカーを駆動するデジタル信号処理技術を採用
・薄型仕様で天井裏のスペースが狭い場合でも施工可能
・超省エネ設計で1か月連続再生しても、電気代は数十円程度

デジタル音源をアナログに変換して再生する従来のシステムと違い、フルデジタルスピーカーシステム(01DRIVE)で直接スピーカーを動かすデジタル信号処理技術を採用。上質なサウンドをご家庭で楽しむことができます。

また、赤外線リモコンが付いていてペアリング操作可能。リモコン操作しなくても使わない時は自動的に電源が切れるようになっています。音質・機能ともに満足度の高いオーディオ機器です。

MASSIVE OE-180WR

・価格:約5,500円

【機能】
・防水、防滴、防カビ、浴室用洗剤耐性仕様
・ローインピーダンス
・アルミ丸パンチングとエッチング処理、プライマーで清潔に保つ
・別売りの壁面埋め込み型アンプとセットでの使用がおすすめ

こちらは業務用スピーカーを販売しているMASSIVEという会社から販売されているスピーカーです。ホテルや商業施設などでも使用されていて定評があります。この商品は家庭用に販売されています。

アンプとセットで使うことで、テレビ音声もスピーカーで流すことができます。

【アンプ】MASSIVE OE-303ⅡW

・価格:約1万2,000円

【機能】
・埋め込み型で省スペース
・ステレオ出力可能
・25㎜の薄型パネル
・ステレオ・ミニ入力装備
・ライン出力
・iphoneなどのMP3機器を接続可能

スピーカーは浴室に、アンプは脱衣所に設置可能です。Bluetooth対応以外の接続をお探しの方やテレビ音声を流したい人におすすめのオーディオ機器です。

アンプのデザインもシンプルで、壁面に馴染んで使いやすい仕様になっています。壁面埋め込み型なので、接続には電気工事の技術が必要になります。電気施工会社に依頼し設置してもらいましょう。

スピーカー接続にDIYはできる?

基本的に、スピーカー設置は浴室の天井裏から電源をとるので、電気工事が必要となります。場所さえ分かればDIYできそうですが、実際はユニットバスに穴をあけたり壁の内側に配線を通したりと容易ではありません。

また電源をきちんと接続していないと、漏電などの事故も起きかねないためDIYでの設置はおすすめできません。

費用を押さえて埋め込み型のスピーカを設置したい場合は、複数の施工会社に見積もりをしてもらい費用を比較検討することがコストダウンの近道です。

その他にも、自分でお気に入りの商品(スピーカー)を安く購入し、設置だけ施工会社に依頼すると安く済むこともあります。

いずれにせよ、まずは複数社見積もりしてもらい工事費用の相場を把握するといいですね。

優良なリフォーム会社を簡単に探すには

ここまで説明してきた各種リフォーム費用は、あくまで一例となっています。

正確なリフォームの金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「リフォーム会社を自分で探して問い合わせするのが億劫...。」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

無料の比較見積もりはこちら>>

住宅リフォーム売上ランキング上位6社の内、5社の大手リフォーム会社が加盟しているので安心してご利用いただけます。

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!