1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 費用を調べる
  4.  > 
  5. 風呂・洗面台
  6.  > 
  7. マンションのユニットバスをリフォームする費用やポイントは?

キーワードから探す


2018年03月19日更新

マンションのユニットバスをリフォームする費用やポイントは?

マンションのユニットバスをリフォームする場合の費用の相場や費用を安く抑えるためのポイントを紹介します。ユニットバスの交換時期の目安やリフォームにかかる工期、中古のマンションを購入して浴室をリフォームする際のポイントについても解説します。

  • 【監修者】株式会社フレッシュハウス 樋田明夫
  • この記事の監修者
    株式会社フレッシュハウス
    樋田明夫
    営業戦略室 室長

ユニットバスの耐用年数と交換時期の目安

ユニットバスの耐用年数の目安は約15年と言われています。使用頻度などによっては耐用年数を過ぎても問題なく使用できる場合もありますが、施工後15年を過ぎて一度も修理をしていない場合には注意が必要です。

壁や床、浴槽にひび割れなどがある場合には、内部に水が浸入して土台が腐食する可能性があります。湿気を好むシロアリの標的となるため、耐用年数に関係なく早急な修理や交換が必要です。

お風呂の壁の状態も交換時期の目安となります。取りきれないカビが多く発生している場合には内部に異常がある可能性があり、ユニットバスの交換を検討するようにしましょう。

ユニットバスのリフォームにかかる工期

ユニットバスのリフォームにかかる工期はリフォーム内容によって異なります。また、複数の業者が関わる工事のため業者の段取りの都合で工期が延びることもあります。

ユニットバスから新しいユニットバスへの交換は平均は3日間から4日間かかります。解体工事や電気工事、配管工事などが必要です。

在来工法のタイルのお風呂からユニットバスへの交換にかかる工期は平均で4日間から7日間です。土間コンクリートの基礎工事があるため時間がかかります。土間コンクリートが乾くまでの時間は季節によって異なるため注意が必要です。

中古マンションを購入して、浴室リフォームをするポイント

浴室リフォームはマンションそのものの構造や配管に関係します。中古マンションを購入する際にはリフォームしやすい構造かどうかを見極めることが重要です。特に浴室を別の場所に移動する際には注意が必要となります。

マンションでお風呂をリフォームする場合に最も気を付けたいのが水漏れ対策です。水漏れが起きた時には階下の住人に迷惑をかけることになります。水漏れを防ぐためには防水性に優れたユニットバスの使用をおすすめします。

マンションでユニットバスをリフォームする場合の注意点

マンションのリフォームは管理規約などで制限事項が決められています。外壁に穴を開けて浴室に窓を取り付けるなど共用部分に関わるリフォームや外観を変えるリフォームはできないため規約を確認しておくようにしましょう。

特殊なサイズのユニットバスが設置されている場合には、リフォーム費用が高額になることがあります。中古で安くマンションを購入しても、リフォームに多額の費用が発生することもあるため注意が必要です。

リフォームで狭いお風呂を広いユニットバスに交換したい場合

狭いお風呂をリフォームによって広く快適なユニットバスに交換することは可能なのでしょうか。近年のユニットバスは壁や配管スペースを最小限にした設計になっており、より広いサイズのユニットバスの設置が可能なケースがあります。

ただし、ユニットバスは空間の内側に床材や壁材をはめこむため、浴槽を外し、柱や壁の位置を変更せずに在来工法からのリフォームの場合には今よりさらに狭い浴室なる可能性があり注意が必要です。

また、隣接する部屋を少し狭くすることによって、より広いサイズのユニットバスに交換することも可能です。ユニットバスの設置の他に、浴室周辺の壁の工事や周辺の仕上げ工事を行う必要があります。

マンションのユニットバスをリフォームする費用の相場

マンションのユニットバスを新しいものに交換する費用は、サイズやグレード、オプションの有無などによって大きく異なります。

マンションのユニットバスを新しいものに交換する費用の相場:約60万円~約100万円

リフォーム費用を安く抑えるには、最小限の機能でシンプルなデザインのユニットバスを選ぶとよいでしょう。また、交換ユニットなどを使用して浴槽のみなど、部分的な修理や交換を行うと費用を抑えることが可能です。

ユニットバスの浴槽のみを交換する費用の相場:約10万円
ユニットバスの壁パネルを交換する費用の相場:約20万円
ユニットバスの床に床シートを張る費用の相場:約10万円

優良なリフォーム会社を簡単に探すには

ここまで説明してきた各種リフォーム費用は、あくまで一例となっています。

正確なリフォームの金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「リフォーム会社を自分で探して問い合わせするのが億劫...。」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!