1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 費用を調べる
  4.  > 
  5. 風呂・洗面台
  6.  > 
  7. 在来工法の浴槽を塗装したい方必見!入れ替えと塗装でどっちがおすすめ?

キーワードから探す


2018年01月09日更新

在来工法の浴槽を塗装したい方必見!入れ替えと塗装でどっちがおすすめ?

在来工法の浴室リフォームは、大きな補修が必要なければ、入れ替えより塗装がおすすめです。実は塗装での施工の方が費用や工事日数の負担も少なく、新品同様に浴室や浴槽を再生できるのです。在来工法の浴室の塗装リフォームについて詳しく説明します。

入れ替えと塗装、どちらがおすすめ?

浴室が古くなってきてリフォームを検討している方は、塗装によるリフォームかユニットバスに入れ替えるか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。どちらにするかは、現在の浴室の状況から判断しましょう。

浴室が古くなっているが、破損などはない場合

壁やバスタブに破損などが見られない場合は、塗装による浴室の再生をおすすめします。塗装によるリフォームは、昔ながら在来工法の浴室やバスタブでも状況や状態に合わせてリフォームすることが可能です。

古くなった浴室の再生なら、塗装の方が費用や日数の面でも負担が少なくすみます。浴室が古くなってきたと感じたら、早めの塗装によるリフォームがおすすめです。

浴槽や壁などに破損が見られる場合

浴室に破損がある場合には、ユニットバスへの入れ替えがおすすめです。大きな亀裂やヒビなどは、塗装でのリフォームは難しくおすすめできません。破損部分から水分や湿気が入り、内部が傷んでしまう前に施工しましょう。

在来工法の浴室は塗装でよみがえる!

塗装での浴室リフォームは本当にきれいになるの?と不安に感じる方も多いかもしれません。しかし、浴室の塗装工事は、専門のリフォーム会社に依頼することで新品同様によみがえらせることができます。

また、バスタブを取り替えたいけれどメーカーに同じサイズのものがないというような場合や、柱などが邪魔で入れ替え工事が不可能といった場合にも、塗装によるリフォームで問題を解決できます。

在来工法浴室の塗装方法は?

浴室リフォームでは、刷毛やローラーではなく、スプレーでの塗料吹き付けを行ってくれるリフォーム会社を選びましょう。刷毛やローラーでは筋が残りやすく、均一に塗りにくいためにスプレーによる施工が一般的です。

スプレーでの塗料吹き付けがしやすい素材は、FRPや人工大理石です。ホーローやタイル、ステンレスの場合は塗料が乗りにくく、施工が難しいこともあるので、リフォーム会社と相談することをおすすめします。

在来工法浴室の塗装にかかる費用、日数は?

在来工法の浴室を塗装する場合にかかる費用は、約10万〜20万円です。ユニットバスに入れ替えると約50万〜100万円かかるので、塗装での施工なら費用を抑えて美しく仕上げることができます。

施工日数は約1日半〜3日で完了です。浴槽や壁などの傷み具合にもよりますが、入れ替え工事に比べてスムーズにリフォームできます。浴室は毎日使うスペースなので、工期は短い方がよいですね。

在来工法浴室のリフォームはDIYでできる?

在来工法の浴室や浴槽をDIYで塗装することはおすすめできません。浴室の塗装は、専門的な知識と技術が必要です。DIYでスプレー塗装しても、すぐに剥がれてしまうなどトラブルの原因となってしまいます。

また、リフォーム会社に依頼する場合でも、必ず浴室の塗装を専門としているかどうかを確認しましょう。浴室塗装のキャリアはあるか、施工後の保証はあるかなどを確認して依頼することをおすすめします。

優良なリフォーム会社を簡単に探すには

ここまで説明してきた各種リフォーム費用は、あくまで一例となっています。

正確なリフォームの金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「リフォーム会社を自分で探して問い合わせするのが億劫...。」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

無料の比較見積もりはこちら>>

住宅リフォーム売上ランキング上位6社の内、5社の大手リフォーム会社が加盟しているので安心してご利用いただけます。

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!