1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 費用を調べる
  4.  > 
  5.  > 
  6. 格安・激安でフロアコーティングをするには?

キーワードから探す


2018年11月04日更新

格安・激安でフロアコーティングをするには?

フロアコーティングを施すことで、汚れや傷がつきにくくなり、フローリングを長持ちさせることができます。フロアコーティングは定期的に行う必要があるため、できるだけ費用を抑えたいという方もいるでしょう。今回は、格安でフロアコーティングをする方法を紹介します。

  • 【監修者】ディバルコンサルタント株式会社 代表 明堂浩治
  • この記事の監修者
    ディバルコンサルタント株式会社
    明堂浩治
    大手建設会社20年勤務

他のリフォームとセットで依頼する

壁紙や床板の張替えの場合は、自分で材料を用意することで費用を抑えられます。

しかし、フロアコーティング材を自分で用意したところで、費用を大きく抑えることはできません。内訳としては、フロアコーティングを施す工賃に最も料金がかかるためです。

格安、激安でリフォーム会社に依頼したい場合は、他のリフォームと一緒にフローリングのフロアコーティングを依頼することがポイントです。

複数の場所をリフォームすることでリフォーム会社の収益が上がります。それにより、多少の値引きをしてもある程度の収益を確保できるため、値引き交渉が成功しやすくなります。

フロアコーティングには、UVやウレタン、シリコンなどの種類があります。

UVコーティングは10平方メートルあたり約3万~5万円、ウレタンコーティングとシリコンコーティングは約2万~3万円が費用の相場です。1万円の値引きを目標に交渉しましょう。



自分でフローリングのフロアコーティングを行う

DIYであれば材料費のみの出費で済むため、格安、激安でフロアコーティングができます。

格安・激安でフロアコーティングをするには?

10平方メートルの部屋にフロアコーティングを施す場合にかかる費用は、約3000~5000円です。リフォーム会社に依頼した場合と比べると数万円もの差がみられます。

必要なものはワックスとフラットモップ、養生テープなどです。すべて合わせても約5000円程度で済みます。

ただし、施工前に必ずフローリングに付着した汚れやゴミを取り除き、傷を補修しておかなければなりません。

汚れやゴミが付着したままフロアコーティングをすることで、それらが床にへばりついてしまいます。傷も後から補修できなくなるため注意が必要です。

多少の塗りムラは問題ないため、下準備さえ行えば簡単にできるでしょう。

ただし、素材に合わせて適切なワックスを選ばなければ、後から剥がれてくる恐れがあります。やはり予算に余裕があれば、リフォーム会社に依頼することをオススメします。

床・フローリングリフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきた床・フローリングリフォームは、あくまで一例となっています。

正確なリフォームの金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国700社以上が加盟しており、床・フローリングリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!