1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 費用を調べる
  4.  > 
  5. 庭・ベランダ
  6.  > 
  7. バルコニーを部屋にリフォームする費用・価格の相場は?

キーワードから探す


2017年11月30日更新

バルコニーを部屋にリフォームする費用・価格の相場は?

使っていないバルコニーを部屋やサンルームにリフォームするためには、どの程度の費用がかかるのでしょうか?バルコニーをサンルームや部屋にリフォームする際の注意点や、工事の方法、種類、費用、快適な生活空間を作るためのポイントなどをご紹介します。

バルコニーのリフォームではどんなことができる?

住宅のバルコニーやベランダのリフォームでは、子供部屋、寝室など、部屋としての改装や、洗濯物が干しやすくなるサンルームへの改装が人気です。

また、ウッドデッキと屋根を設置してリビングから直接屋外に出られるように改装する場合もありますし、リビングと繋げて部屋を拡張する場合もあります。

家族が増えることで部屋数が足りなくなってしまったり、バルコニーやベランダを有効活用できていなかったりする場合には、このようなリフォームを行い、有効利用できるようにすると良いでしょう。

バルコニーを部屋にリフォームする際のポイント

住宅のバルコニーやベランダをリフォームして部屋とする場合、基本的には壁と屋根を追加すれば部屋として利用することができます。

しかし、壁と屋根を取り付けただけでは快適な空間として活用できないかもしれません。

例えば、バルコニーのスペースのみを部屋にした場合、元々の面積によっては部屋面積が狭すぎて使い勝手が悪くなってしまうでしょう。

また、部屋へどうやって出入りするかも注意が必要なポイントです。

バルコニー部分に出入りする通路が特定の部屋にしか無い場合、家族の部屋を経由しなければ新しい部屋を使えないということになるかもしれません。

これらの問題を解決する方法としては、間取りの変更リフォームがおすすめです。

間取りの変更リフォームを同時に行えば、廊下から直接部屋に出入りができるようにできますし、隣の部屋とスペースを分け合って部屋の広さを変えることができます。

ただ、間取り変更リフォームを同時に行うと、費用が約100万円追加でかかってしまいますので、予算の都合に合わせて施工内容を考えると良いでしょう。

バルコニーをリフォームする際の費用と相場

バルコニーをリフォームする場合、目的や工事の内容によって工事費用はどれぐらいかかるのでしょうか?

それぞれの目的別に工事費用の相場を調査しました。

バルコニーを子供部屋などにリフォームする場合の費用

バルコニーを子供部屋などにリフォームする場合、施工面積によって費用が変わってきます。

寝室や書斎、子供部屋などの全体を囲った部屋の場合、2畳なら約60万円、3畳なら約80万円、6畳なら約140万円が相場です。

注意点として、バルコニーを部屋として使用する場合、追加された壁材などの重量がバルコニー部分にかかるため、家屋の状態によっては補強工事が必要となり、相場より費用がかかることがあります。

また、ドアの設置や電気工事、エアコンの設置などを行う場合にも追加で費用がかかりますので、正確な費用が知りたいという場合はリフォーム会社に問い合わせてみると良いでしょう。

バルコニーをサンルームにする場合の費用

バルコニー部分に屋根や壁を設置し、サンルームとして利用する場合の工事費用の相場は、約100万円です。

バルコニーに既に屋根がある場合は、壁部分だけを囲ってサンルームにすることもできます。

この場合の費用は、広さにもよりますが約50万円が相場です。

サンルームを設置する場合も、部屋を作る際と同じく、重量によっては補強工事が必要となりますので、施工を依頼する前にバルコニー部分の強度を検査してもらいましょう。

ウッドデッキを取り付けてアウトドアリビングにする場合の費用

バルコニーにウッドデッキを設置し、屋外で寛げる空間として改装する場合の費用は、2畳で約15万円、4畳で約30万円、6畳で約45万円が相場です。

ウッドデッキだけを施工しても良いのですが、屋根がないと雨の日に利用することができなくなってしまいますので、施工の際には同時に屋根を設置しておくと良いでしょう。

先ほどご紹介したサンルームを施工する際に床部分をウッドデッキにしてアウトドアスペースとして活用するのもおすすめです。

この場合の費用は、サンルームの設置費用とウッドデッキの設置費用を足したものとなり、6畳なら約100万円となります。

バルコニーを部屋にリフォームする際の注意点

バルコニーやベランダを改築して部屋を作った場合、基本的には増築として扱われるため、延べ床面積が増え、建ぺい率の制限を超えてしまう可能性があります。

バルコニーは元々建ぺい率に含まれる部分ではありますが、バルコニーやベランダは奥行き1mを超えた部分が対象です。

そのため、増築を行うことでこの1mがなくなってしまい、延べ床面積が増大して建ぺい率を超えてしまうこともあります。

ベルコニーをリフォームして部屋を増築する場合には、建ぺい率に問題が無いかどうかリフォーム会社や設計事務所に調査してもらいましょう。

マンションのバルコニーをリフォームすることはできる?

一戸建て住宅と同じように、マンションのバルコニーをリフォームして、部屋にすることはできるのでしょうか?

実は、マンションのバルコニーは専有部分ではなく、共有部分として扱われることが多いため、基本的には部屋としてリフォームすることはできません。

場合によってはウッドデッキを設置する程度なら認められることもありますが、大抵の物件ではリフォームは認められないでしょう。

優良なリフォーム会社を簡単に探すには

ここまで説明してきた各種リフォーム費用は、あくまで一例となっています。

正確なリフォームの金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「リフォーム会社を自分で探して問い合わせするのが億劫...。」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!