1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 費用を調べる
  4.  > 
  5. キッチン
  6.  > 
  7. ビルトインオーブンレンジの費用やおすすめメーカーは?

キーワードから探す


2017年10月25日更新

ビルトインオーブンレンジの費用やおすすめメーカーは?

ビルトインタイプのオーブンレンジを交換する場合、どのような工事が必要となり、費用はどのくらいかかるのでしょうか?オーブンレンジの交換方法と工事費用、コンロと同時に施工した場合の工事費用、おすすめのメーカーなどについてご紹介します。

ビルトインオーブンレンジとはどのようなものなのか?

ビルトンオーブンレンジとは、キッチンに埋め込んで設置するタイプのオーブンレンジのことです。

加熱にガスを用いるものと、電気を用いるものとがあります。

ガスオーブン、電気オーブンのメリットとデメリット

電気式オーブンの場合、ビルトインタイプでは200Vの製品を選択できるのが大きなメリットです。

一般的な卓上タイプのオーブンレンジでは、電源が100Vのものが主流のため、庫内の加熱に時間がかかってしまうのですが、200Vを利用できる製品ならこのデメリットをある程度軽減することができるでしょう。

ガスオーブンは、電気式の200Vタイプと同様の火力が発揮でき、ランニングコストも電気に比べて安価ではありますが、導入価格がやや割高というデメリットがあります。

ビルトインタイプのオーブンの場合、庫内容量や施工にかかる手間などはそれほど変わりませんので、余熱速度やランニングコストなどを考えて選ぶと良いでしょう。

オーブンのガス料金、電気料金はどれくらい?

一般的なガスのみを使用したオーブンの場合、ガス料金は毎日一時間利用したとして1カ月あたり約1,500円程度と言われています。

電気式の場合は、100V、200Vでも同程度の費用となり、ガスと同じ条件では1カ月あたり約2,500円です。

ガス料金については、都市ガスかプロパンガスかによってもコストが変わってくるため、ガスの方が一概に安くなるというわけではありません。

ランニングコストが気になるという方は、ガスの種類も考慮して計算してみると良いでしょう。

ビルトインオーブンレンジの施工方法

ビルトインオーブンを後付けする場合、電気式なら200V配線を追加する工事が、ガス式なら配管延長などのガス工事が必要です。

また、設置箇所が無い場合は、システムキッチンの交換や、ガスコンロの下部にある収納庫などを拡張して設置箇所を作らなければいけません。

オーブンを選ぶ際には、ご自宅のコンロがガス式ならガスオーブンを、IHクッキングヒーターをご利用なら電気式オーブンを選択すると、電気配線の工事やガス配管の工事費用を抑えることができるでしょう。

ビルトインオーブンを設置または交換する際の費用

既存のビルトインオーブンを交換する場合、または後付けする場合の工事費用をご紹介します。

まず、新設の場合ですが、コンロ下が収納庫となっており、リフォームによって簡単に設置スペースが確保できる場合は約6万円が相場です。

もし施工スペースが無く、大がかりなリフォームが必要な場合は工事内容によって費用が変わってきますので、リフォーム会社に相談してみると良いでしょう。

交換の場合は、オーブンを交換するだけなら約4万円、コンロとセットで交換する場合も約4万円となります。

これは、オーブンを交換するためにコンロの取り外しを行う必要があるため、工事価格がほぼ同額となるのです。

コンロの交換も予定しているという方は、オーブンとセットで交換した方がコストを抑えることができるでしょう。

ビルトインオーブンを撤去し、コンロだけを交換する場合の費用も約4万円が相場です。

ただ、コンロとオーブンが一体となっている製品の場合は、どちらか片方のみを撤去することはできません。

オーブンを撤去し、空いたスペースを収納庫にリフォームしたいという場合には、コンロ単体を別途購入する必要があります。

この場合の工事費用は、通常の交換工事と同じく約4万円が相場です。

ガス配管の延長、ガス栓の追加については約1万円、電気配線の延長は約4万円となります。

どちらの工事も、延長する距離によって費用が変わってきますので、まずは見積もりを依頼すると良いでしょう。

ガスオーブンの本体価格については、ガスのみを使うタイプが約8万円、電子レンジ機能が搭載されているタイプなら約15万円が相場となります。

オール電化からガスに戻す際の費用

オール電化住宅でガスオーブンを使用する場合、またはガスを取り外して電気式オーブンを設置していた場合には、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?

オール電化住宅として建築し、ガス配管が敷地内に無い場合は屋外部分のガス工事と、屋内部分のガス工事が必要となるため、費用は約20万円かかります。

ガス式オーブンを使用していて、電気式に変更し、またガス式に戻す場合は、取り外した宅内のガス管を戻す工事となりますので、約4万円が相場です。

おすすめのビルトインオーブン

ビルトインオーブンを設置する場合には、どのメーカーの製品がおすすめなのでしょうか?

ビルトインオーブンを販売しているメーカーは、リンナイ、ミーレ、パナソニック、ハーマン、AEGなどがあり、メーカーごとにさまざまな特徴があるため、選ぶ際には用途やコスト、価格などを考慮して慎重に選びましょう。

パナソニックのビルトインオーブンの特徴と価格

パナソニックでは、ガス式、電気式の両方のオーブンが販売されています。

電気式についても、電源工事が楽な100Vと、火力の高い200Vの両方が用意されているのも特徴です。

庫内容量については電気式が約33L、ガス式は30Lとなります。

価格はガス式が約14万円、電気式は200Vが約16万円、100Vのものは約12万円が相場となります。

オーブンをガス加熱にし、電子レンジ機能を搭載したモデルもあり、こちらは約15万円となっていますので、食材の加熱を手早く行いたいという方はこちらの製品を選ぶと良いでしょう。

リンナイのビルトインオーブンの特徴と価格

リンナイのビルトインオーブンは、ガス式のものが主流となっています。

庫内容量は33Lと44L、電子レンジ機能を搭載し、食材の加熱を早めるタイプ機能を搭載した製品もありますので、施工条件に合わせて選ぶと良いでしょう。

価格は33Lの電子レンジ機能付きのものが約13万円、ガスのみのタイプが約9万円です。

44Lタイプについては、電子レンジ機能付きのものが約18万円、ガスのみのものが約12万円となります。

ミーレのビルトインオーブンの特徴と価格

ミーレはドイツの電機メーカーでビルトインオーブンでは電気式のものを販売しています。

庫内容量が広く、76Lや90Lの製品が販売されているのも特徴です。

ただ、海外メーカーの製品のため、やや価格が高く、90Lタイプは約160万円、76Lタイプは約75万円、国内メーカーと同等サイズの43Lサイズに電子レンジ機能を追加した製品は約43万円となっています。

デザイン性に優れ、シンプルな操作感と広々とした庫内が特徴のメーカーですので、価格に問題が無ければおすすめです。

AEGのビルトインオーブンの特徴と価格

AEGはミーレと同じくドイツの家電メーカーです。

日本国内ではコンパクトタイプと標準タイプの2種類の電気式ビルトインオーブンを販売しています。

コンパクトタイプは庫内容量が35L、標準タイプは74Lと、こちらも広さが特徴です。

価格は35Lタイプが約23万円、74Lタイプが約38万円となっています。

ハーマンのビルトインオーブンの特徴と価格

ハーマンはノーリツが販売しているガス機器のブランドです。

ビルトインオーブンはガス式をメインに展開しており、サイズは48Lと35Lの2種類になります。

比較的庫内サイズが国産メーカーとしては広く、揚げ物の再加熱やパン生地の発効などにも対応しているため、シンプルで使いやすいオーブンといえるでしょう。

価格はスタンダードタイプの35Lが約18万円、48Lタイプは約27万円です。

ビルトインオーブン選びはキッチンのスペースも考慮しよう

国内メーカーの製品は33L前後と45L前後の大きさが主流ですが、AEGやミーレなどの海外メーカーの場合はもっと大きなサイズのオーブンもラインナップされています。

オーブンの場合、庫内容量が広い方が調理は楽になりますが、小型のものに比べて余熱に時間がかかりますし、設置スペースも多く必要です。

オーブンを選ぶ際には、デザインや機能の他に、大きさについてもよく考えておきましょう。

ガスオーブンの設置で注意することは?

ガス式、電気式のどちらのビルトインオーブンでも、調理の際には煙や熱が発生します。

特に煙は、室内に充満すると油汚れの付着などが起こってしまいますので、オーブンの上にはレンジフードを設置し、調理の際に出る煙や熱をしっかり屋外に排出するようにしてください。

レンジフードには、覆いのみを換気扇に取り付けるシンプルなタイプのものと、オーブンやコンロの動作に連動して稼働するタイプのものがありますので、使い勝手や予算に合わせて選ぶと良いでしょう。

レンジフードの施工価格はシンプルなものなら約2万円から、洗浄機能と自動運転機能が搭載されたものが約12万円からとなります。

ビルドインオーブンの施工は何処に依頼する?

ビルドインオーブンの設置、施工については、ガスを利用したものならガス会社、電気式なら電気店の対応となります。

ガス会社や電気店以外にも、施工免許を持った職人が居るリフォーム会社も作業を行うことができますので、施工を依頼する場合にはガス会社かリフォーム会社、電気店に相談してみると良いでしょう。

設置箇所のリフォームが必要な場合は、ガス会社や電気店のような専門店より建物の改装が得意なリフォーム会社がおすすめです。

優良なリフォーム会社を簡単に探すには

ここまで説明してきた各種リフォーム費用は、あくまで一例となっています。

正確なリフォームの金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「リフォーム会社を自分で探して問い合わせするのが億劫...。」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

無料の比較見積もりはこちら>>

住宅リフォーム売上ランキング上位6社の内、5社の大手リフォーム会社が加盟しているので安心してご利用いただけます。

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!