1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 基礎知識
  4.  > 
  5. キッチン
  6.  > 
  7. 独立型キッチンの特徴やメリットを解説!オープンとの違いは?

キーワードから探す


2018年03月22日更新

独立型キッチンの特徴やメリットを解説!オープンとの違いは?

キッチンにはいくつか種類がありますが、独立キッチンは使い勝手の良いメリットが多いことをご存知でしょうか?近年対面型キッチンが人気ですが、使いやすさは独立キッチンの方が優れていることもあるようです。今回は独立キッチンの特徴などをご紹介します。

独立型(クローズド)キッチンとは?

独立型キッチンは、別名「クローズドキッチン」とも呼ばれます。リビングやダイニングなどの居住空間から離れていて、キッチンが1つの部屋として独立している間取りのことを言います。

クローズドキッチンの対義語として、「オープンキッチン」「セミオープンキッチン」と言う言葉があります。オープンキッチンとは、対面型のことで開放的なつくりになっている点が特徴です。

また、セミオープンキッチンとはコンロの前に壁があったり、キッチンの天井に吊戸棚があるキッチンのことを指します。

独立型キッチンは昔から一般的な住宅に多いレイアウトですが、近年では対面型などのオープンキッチンが主流になっています。

しかし、独立型キッチンには大容量の収納スペースを設けることができたり、キッチンが人目につかないなど、オープンキッチンにはないメリットがたくさんあります。

今回は、そんな独立型キッチンのメリット・デメリットをまとめてみましたので、見ていきましょう。

独立型キッチンのメリット・デメリット

独立型キッチンのメリット・デメリットには、どのようなことがあるのでしょうか。

独立型キッチンのメリット

・キッチンがリビングやダイニングなどから見えないため、汚れた調理スペースが居住スペースからは目に入らない
・煙やにおいがリビングやダイニングに広がらない
・調理家電などを使いやすさ優先で配置することができる
・オープン型と比べて収納を増やすことができる
・調理や作業に集中できる

独立型キッチンのデメリット

・キッチンが部屋のようになっているため、煙やにおいがこもりやすい
・オープン型とは違い、リビングやダイニングにいる家族の様子を確認することができない
・オープン型とは違い、リビングやダイニングにいる家族とコミュニケーションがとりにくい

独立型キッチンのレイアウトや間取り集

具体的にレイアウトや間取りの事例を見ていきましょう。

【ケース1】照明などのインテリアをアンティーク調にした個性的なキッチン

すりガラスや照明などのインテリアをアンティーク調にしている個性的なキッチンです。窓を設置しているため、外の光だけでも十分なくらいの明るさがあります。また、床材の模様がキッチンの個性ををさらに引き立てています。

【ケース2】ホワイト系を基調とした明るい独立型キッチン

ホワイト系のクロスとウッド系の収納スペースで、明るく清潔感のある印象を与えています。大容量の収納スペースで、使い勝手が良さそうなキッチンです。

また、キッチンの奥に勝手口を設置し、ごみ捨ても楽にできる間取りとなっています。和風でも洋風でも通用するテイストなので、家の雰囲気を選ばないデザインになります。

リフォームする際のポイント

実際にリフォームをする際には、「いくらかかるのか」が気になる方が多いと思います。

正確なリフォーム金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「リフォーム会社を自分で探して問い合わせするのが億劫...。」

「複数社に何回も同じ説明をするのがめんどくさい...。」

そんな方は、カンタンに無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!