1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 費用を調べる
  4.  > 
  5. 玄関・ドア
  6.  > 
  7. マンションでウォールドア設置リフォームにかかる費用や価格は?

キーワードから探す


2018年03月12日更新

マンションでウォールドア設置リフォームにかかる費用や価格は?

ウォールドアは、部屋に設置することで部屋を自由に仕切ることができる可動式の間仕切り壁です。スクリーンウォール、スライディングウォールなどと呼ばれるものもあります。ウォールドアをマンションに新しく設置する場合の費用と、ウォールドアのメリットとデメリット、デザイン、種類などについてご紹介します。

  • 【監修者】株式会社フレッシュハウス 樋田明夫
  • この記事の監修者
    株式会社フレッシュハウス
    樋田明夫
    営業戦略室 室長

ウォールドアとはどんなもの?

ウォールドアは、天井から床まで届く大きさの引き戸のような設備です。

株式会社フォリスが製造、販売している住宅用建具で、マンションや一戸建てなどで可動式間仕切り壁を設置したいという方に人気となっています。

ウォールドアを設置するメリットは?

ウォールドアを設置するメリットは、リビングなどの部屋の開放感を高めつつ、必要なタイミングで部屋を個別に区切れることです。

例えば、日中はウォールドアを収納して広いリビングとして活用し、夜間はウォールドアを配置して寝室やプライベートスペースを作るといったフレキシブルな活用ができます。

また、リフォーム時には使用せず、子供の成長に合わせて使用し、子供部屋を2人部屋から個室に変更するといった使い方も可能です。

もちろん、リビングなどを区切って子供部屋として利用したり、子供が大きくなったら解放してリビングの一部として利用したりするという方法もあります。

アイディア次第で色々な使い方ができるのがウォールドアの良いところですので、リフォーム会社とよく相談して施工プランを考えると良いでしょう。

ウォールドアのデメリットとは?

ウォールドアは自由に間取りを変更することができる優れた建具ですが、デメリットもあります。

まず、通常の固定式間仕切り壁に扉を設置する場合に比べて防音性能が劣るため、音漏れが大きくなり、プライバシーはあまり守れません。

また、未使用時はウォールドアを収納しておくスペースが必要となりますので、設置しない場合に比べて多少部屋として使える空間が狭くなるのもデメリットです。

ウォールドアを設置する費用

一般的なウォールドアを施工する場合の価格は、約25万円が相場です。

間仕切り壁を撤去してウォールドアに変更する場合の施工価格は約50万円が相場となります。

スクリーンウォールを設置する場合の費用

ウォールドアと似たタイプの製品に、パナソニックが販売している「スクリーンウォール」という商品があります。

こちらは一般的な襖のような設置方法となっており、ウォールドアと同じように天井から床までの大きさのドアを開閉させて使用する製品です。

ただ、ウォールドアと違い、デザインは引き戸に近い形状ですし、パネルには半透明、または透明のものが使われているため、本格的な間仕切り壁としては使用しにくいかもしれません。

「スクリーンウォール」は、どちらかと言えば扉に近い製品ですので、タイプ的には間仕切りとしてより、扉として活用した方が扱いやすいでしょう。

パナソニックからは、「スクリーンウォール」以外にもウォールドアと同じように間仕切り壁として使用できるタイプの「フリーウォールⅡ」という製品が用意されています。

「スクリーンウォール」とは違い、「フリーウォールⅡ」はウォールドアと似たデザインとなっていますので、プライバシーを重視する場合はこちらの製品を使用すると良いでしょう。

施工価格はウォールドアと同じく約25万円が相場です。

ウォールドアの施工箇所のおすすめは?

ウォールドアを設置すれば、色々な部屋を自由に間取り変更しつつ利用することができます。

例えば、和室とリビングをウォールドアで繋ぐという方法もあり、この方法なら和室の畳で横になりながら、リビングに居る家族とコミュニケーションをとることができます。

日中はちょっとしたごろ寝空間として和室を利用し、夜間はウォールドアで空間を仕切って和室を寝室として利用するのもおすすめです。

その他の使い方としては、キッチンとダイニングをウォールドアで繋ぎ、来客時にはキッチン部分を隠すといった使い方も良いですし、調理中の煙や臭いがダイニングに流れるのを予防する用途にもおすすめです。

ウォールドアは音漏れしやすいため、プライバシーを完璧に守るには向いていませんが、空間を自由に仕切ることでフレキシブルな使い方ができます。

玄関やリビング、キッチンなどの空間にウォールドアを設置して、開放感とプライバシーを両立させる間取りへとマンションをリフォームしてみましょう。

優良なリフォーム会社を簡単に探すには

ここまで説明してきた各種リフォーム費用は、あくまで一例となっています。

正確なリフォームの金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「リフォーム会社を自分で探して問い合わせするのが億劫...。」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!