1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 費用を調べる
  4.  > 
  5. フルリフォーム
  6.  > 
  7. ワンルームマンションのリノベーション費用は?事例から分かる工事費用の相場!

キーワードから探す


2018年10月10日更新

ワンルームマンションのリノベーション費用は?事例から分かる工事費用の相場!

ワンルームの中古マンションをリノベーションすると、どのようなメリットがあるのでしょうか?賃貸住宅の場合、新築の物件には入居者が集まりやすくなると言われています。そこで、マンションリフォームの実例から、どれぐらい費用がかかるのか調査しました。

  • 【監修者】株式会社フレッシュハウス 樋田明夫
  • この記事の監修者
    株式会社フレッシュハウス
    樋田明夫
    営業戦略室 室長

中古マンションのリノベーションにかかる費用

中古のワンルームマンションにリノベーションを施す場合の費用は、リフォームに用いる住宅設備や材料によって大きく変わります。

事例から見てみると、内装やちょっとした設備交換などのリフォームの場合にかかる費用は約50万円、全体的に設備を交換し、内装をリフォームした場合は約130万円が相場です。

また、内装や設備を全て取り除き、構造部分からリフォームを行うスケルトンリフォームの場合は約300万円の費用がかかります。

賃貸オーナー必見!1Kのリノベーション費用についてはこちら!

物件からリノベーション費用を予想する方法

いざ自分の所有している物件をリノベーションしようと思っても、費用がある程度予想できなければなかなか工事に踏み切るのは難しいでしょう。

実は、一部のリフォーム会社では1平米あたりの費用をあらかじめ公開しており、それを自分の所有する物件の面積に合わせて計算することである程度リノベーションにかかる費用を予測することができます。

とはいえ、公開されている費用はあくまでも基本の工事価格ですので、実際には工事の内容や使用する住宅設備などによって価格が変化することに注意しなければいけません。

正確な費用を知りたい場合は、実際にリフォーム会社に相談し、見積もりを立ててもらうと良いでしょう。

ワンルームマンションのリノベーション費用は?事例から分かる工事費用の相場!

リフォーム費用の見積もりは必ず相見積もりに

見積もりを依頼する際には、いくら評判が良い会社に依頼したとしても、別の会社からも見積もりをとることをおすすめします。

これは、費用の差を確認することである程度工事費用の相場を把握できるということもありますが、何より、複数の会社に現場を確認してもらうことで修繕の必要な箇所の見落としを防げるのです。

リフォーム会社の社員もプロですので、現場を確認すればある程度問題となっている箇所を見つけることはできますが、調査方法や担当者の経験によっては見落としが起こる可能性も無いとは言えません。

相見積もりを取ることでこのような見落としによる建物の価値の低下を防ぎつつ、費用の相場を確認しましょう。

必要なリフォームだけを行えば費用を抑えられる

リフォーム事例を見るとわかりますが、工事にかかる費用は基本的に工事を行う場所や工事の方法によって変わってきます。

内装部分だけをリフォームし、設備などはメンテナンスだけを行うなら、通常の原状回復作業に多少追加で費用がかかる程度の範囲で中古マンションをリフォームすることができるでしょう。

設備ごとに必要なリフォーム費用について

全体的なリフォームを行わず、キッチンやトイレ、内装などをリフォームする場合にはどの程度の費用が必要なのでしょうか?

設備の交換にかかる費用の相場ですが、ワンルームマンションに設置するタイプの設備の場合、キッチンなら約20万円、トイレの場合は便器の交換が約7万円、内装ごとリフォームする場合は約15万円が相場です。

部屋の内装については、フローリングの張替えが約20万円、クッションフロアなら約10万円となります。

壁紙については原状回復の際に貼替えることが多いのですが、約10万円が相場です。

中古マンションの場合、水回り設備の老朽化が進んでいる可能性が高いため、減価償却ができている場合や、近い将来に減価償却できる場合にはまだ使用できるとしても交換してしまった方が良いでしょう。

無料でワンルームのリノベーション費用の「比較見積もり」をしてみる>>


入居者が使いたいと思える設備へ変更する

ワンルームマンションの場合、入居者は基本的に一人暮らしの方が大半のため、キッチン設備や浴室、トイレなどはどうしてもシンプルなものになりがちです。

しかし、実際には浴室とトイレがセットになっているユニットバスが使われているワンルームマンションは人気がありませんし、キッチンも十分な調理が行えるよう、IHまたはガスコンロが使えるものが好まれます。

中古のワンルームマンションでも、リノベーションを施すことでトイレと浴室を別にし、キッチンを使いやすいものに変えること空き室を減らすことができるでしょう。

ワンルームマンションのリノベーション費用は?事例から分かる工事費用の相場!

入居者を増やすリノベーション方法とは

その他にも、最近はあまりマンションのような物件では見かけませんが、和式トイレもあまり好まれない傾向があります。

トイレを和式から洋式にリフォームする場合の費用については、使用する便器のタイプによって多少変わりますが、一般的な洋式便器なら約15万円で変更可能です。

また、通常の洋式便器の場合でも、ウォシュレットを追加することで入居者が増えたという事例もありますので、大がかりなリノベーションが難しい場合にはこのような使いやすさを高める工事を行ってみてはいかがでしょうか?

和式トイレを洋式にするリフォーム費用について詳しくはこちら

リノベーションで新築同然の住まいに

マンションに限らず、賃貸物件については新築、または築浅の方が中古より人気があります。

しかし、新しい物件の場合、どうしても周辺の同程度の物件に比べて賃料が高くなってしまうため、経済状態によっては入居することができません。

そこで、中古マンションをリノベーションすることで部屋の状態を新築と同程度まで改善しつつ、新築より割安に貸し出すことで、新しい物件に手が届かないという方が自分の物件を選んでくれる可能性が高まります。

リノベーションは原状回復と違い、さまざまな費用がかかってしまいますが、空室が半年以上続いてしまった場合のことを考えれば、そこまで多額の費用というわけではありません。

リノベーションを施すことでやや賃料を高めに設定し、入居者が長期間居住してもらえるのならかかった費用はすぐに回収できます。

短期間で見るとリノベーションは割高ですが、この先10年、20年と見据え、空室が増加してしまう前に手を打っておきましょう。

フルリフォーム・リノベーションに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきたフルリフォーム・リノベーションは、あくまで一例となっています。

正確なリフォームの金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国700社以上が加盟しており、フルリフォーム・リノベーションを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!