1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 費用を調べる
  4.  > 
  5. 屋根
  6.  > 
  7. 屋根の漆喰補修の費用・工程・ポイント紹介します!

キーワードから探す


2018年03月06日更新

屋根の漆喰補修の費用・工程・ポイント紹介します!

屋根に用いられている漆喰が劣化すると、瓦下地の土が流れ出してしまったり、雨漏りの原因となったりしてしまいます。漆喰とはどのような目的で使用されているものなのか、漆喰の補修はどのような工事方法なのか、また、修繕費用についてもご紹介します。

漆喰とはどのようなものなのか?

日本瓦などの屋根には、瓦の隙間を塞いで雨水や風の侵入を防ぎ、瓦そのもののずれを押さえる目的で漆喰が用いられています。

漆喰とは、主に炉で焼いて砕いた石灰石に繋ぎとなる接着剤成分、強度を増すための繊維質を配合して製造されている建材です。

主成分は水酸化カルシウムのため、酸性雨によって劣化が進むことがあり、もし劣化が進んだ場合には雨漏りや瓦のずれなどの問題が起こることがあります。

漆喰の補修が必要となる状況は?

屋根に施されている漆喰の補修が必要となるのはどのような症状が現れた時なのでしょうか?

まず、見た目で判断できる場合ですが、塗られた漆喰がぼろぼろになっている、瓦がずれている、漆喰にヒビがある場合などは漆喰の寿命ですので、修理が必要となります。

また、見た目に問題がないように見えても、雨漏りが発生した場合などは漆喰部分の確認を行った方が良いでしょう。

しかし、雨漏りについては漆喰だけが原因ではなく、屋根材の傷みや破損、場合によっては外壁の傷みでも発生することがありますので、雨漏りが起きた場合は総合的な調査が必要となります。

漆喰については、施工後ある程度時間がたつと変色を起こすことが多いため、変色を起こしているだけでは劣化の目安にはなりません。

物理的な損傷や水漏れ、瓦のずれなどがなければ変色していても心配ないでしょう。

屋根漆喰の補修工事の工程は?

屋根の漆喰を補修する際には、まず劣化した既存の漆喰を全て除去後、瓦の下地となっている葺き土を整えていき、スプレー等で土を湿らせ、漆喰が定着しやすくしていきます。

下地の準備が終わったら漆喰を塗って行き、最後に表面を整えれば施工は完了です。

軽微な損傷や劣化の場合は漆喰を塗り直すだけで修理することができますが、棟瓦がずれているような場合は棟瓦の取り直し工事が必要となります。

取り直し工事とは、棟瓦の部分を全て除去して1から作り直す工事方法です。

この場合は、まず既存の漆喰と棟瓦を全て除去し、残った土や汚れを清掃し、その後、土と漆喰で棟の形状を作り、棟瓦と冠瓦を積んで棟を作り直します。

また、瓦のずれなどが起こっていない場合でも、棟部分に固定金具を埋め込むことで耐震製を向上させることができますので、災害時の瓦の落下が不安な方は耐震補強工事として棟の取り直しを行うと良いでしょう。

屋根漆喰の補修、棟の取り直し工事にかかる費用と工事期間

漆喰の補修にかかる費用の相場は、補修または塗り替え作業を行う場合が1mあたり約5,000円、もし足場が必要な場合は追加で1平方メートルあたり約700円の足場代がかかります。

棟の取り直し工事を行う場合は、棟の長さ1mあたり約10,000円が相場です。

もし瓦の割れや、劣化による瓦の交換作業が必要な場合は交換した瓦の枚数だけ追加で費用がかかります。

屋根漆喰の補修工事費用はなぜ高くなるのか?

コーキングによる金属屋根の修繕などに比べて、日本瓦の漆喰補修はやや費用が高くなります。

これは、日本瓦を積むことができる職人があまりいないことが理由です。

特に漆喰の修繕については、日本瓦の知識と経験の他に左官技術も必要となるため、一人前になれるまでに時間がかかり、どうしても人件費が高くなってしまいます。

特に左官技術は建物だけではなく漆喰の寿命にも大きく影響し、薄く均一に塗ることで雨水に触れる面積が減り、より漆喰が長持ちするのです。

しかし、きちんと職人が施工した漆喰は長期間屋根を守ってくれるため、できるだけ屋根漆喰のメンテナンスは腕の良い職人に依頼した方が良いでしょう。

施工費用は高くなるかもしれませんが、将来的な修繕費用を考えた場合、最初からしっかり直した方が安くなることも考えられます。

屋根漆喰の補修で失敗しないために注意することは?

屋根漆喰の補修で失敗しないためには、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?

まず、費用面をできる限り抑える方法としては、火災保険の利用が挙げられます。

火災保険には台風などの災害による被害に関する特約がつけられているものもあり、これらの災害によって漆喰や屋根瓦が破損した場合は修繕費用の一部を補助してもらえるのです。

この特約は経年劣化には使用できませんが、台風などで漆喰が破損して雨漏りが発生した場合などに利用できるため、台風や地震などで屋根が傷んだときには保険会社に連絡してみると良いでしょう。

屋根のメンテナンス費用については、激安施工などを謳うリフォーム会社などでは安価に屋根漆喰の補修を行うことができます。

しかし、できるだけこのようなリフォーム会社に施工を依頼するのは避けた方が良いでしょう。

もし、屋根漆喰の施工に不備があれば雨漏りなどが発生して屋根が腐ってしまいますし、瓦が落下する危険性も増すため、工事費用を抑えても建物の寿命が縮み、将来的な費用が余分にかかってしまう可能性があります。

もちろん、安く工事を行っている会社でもちゃんと修行を積んだ職人が施工している場合もありますが、費用が安い分人件費等が切り詰められているため、腕の良い職人が少ない可能性が高いのです。

また、ちょっとした破損ならホームセンターなどで漆喰を購入すればDIYでメンテナンスできるように思えますが、少しでも土が露出していると耐水性や強度が大きく低下してしまうため、DIYはあまりおすすめできません。

施工不良以外にも、屋根の修理は高所での作業となるため、DIYで素人が施工を行うのはとても危険です。

施工費用はかかりますが、住宅を守るためにも専門のリフォーム会社、瓦会社に施工を依頼するようにしましょう。

リフォームする際のポイント

もしリフォームを実際に行うとなった際には、ぜひお近くのリフォーム会社に一度ご相談することをおすすめします。

リフォーム会社に相談する時に一番気になるのは「いくらかかるのか」という金額の部分かと思います。

正確なリフォーム金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

その際に、損をしないリフォームを実現するために重要なことが一点あります。

それは、リフォーム会社1社のみに現地調査と見積もりをお願いするのではなく、複数社に依頼して、必ず「比較検討」をする!ということです。

複数の会社に依頼する時のポイントは「同じ条件」で依頼することです。バラバラの条件で依頼をすると、正しい比較ができません。

このポイントをきちんと押さえ、複数の会社の提案を受けることでご希望のリフォームの適正価格が見えてきます。

「色んな会社に何度も同じことを伝えるのがめんどくさい…。」という方はカンタンに複数社を比較検討できるサービスもございますので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!