1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 費用を調べる
  4.  > 
  5. 内装
  6.  > 
  7. トイレの収納リフォームの費用や方法は?

キーワードから探す


2017年12月27日更新

トイレの収納リフォームの費用や方法は?

トイレ内にトイレットペーパーや掃除用具などを収納するスペースを作る場合、どのような方法があり、どの程度の費用がかかるのでしょうか?トイレ内に設置できる各種収納設備のご紹介と、リフォームに必要な費用についてご紹介します。

トイレ用収納設備にはどんなものがある?

トイレに設置できる収納設備には、吊り棚やキャビネットなどがあります。

吊り棚は天井付近やタンクの上部などの空間に設置することでトイレそのもののリフォームを行うことなく設置できるのが特徴。

頑丈な板を壁に固定するだけでも棚として活用できるので、DIYで設置できるのも魅力です。

キャビネットは扉付きの収納設備で、トイレ内の空きスペースならある程度自由に設置できます。

また、トイレットペーパーホルダーや手洗い器、トイレ本体と一体化しているものもあるため、トイレのデザインが崩れにくいのも魅力です。

その他にも、壁を加工して設置する埋め込みタイプの収納もあり、こちらはトイレ内に収納器具が飛び出さないため、ぶつかったりトイレ内の空間が狭くなったりしないのが利点となります。

トイレ内の空間が狭く、通常の収納器具を設置できない場合は、このような埋め込み式の製品を選ぶと良いでしょう。

トイレに収納スペースを設置する際の費用と相場

トイレに収納設備を追加する場合の費用ですが、吊り棚のようなシンプルなものなら約3万円が相場です。

キャビネットの場合は使用する製品によって価格が変わり、シンプルな壁設置タイプなら約3万円、トイレットペーパーホルダーとセットになっているものなら約5万円、トイレと一体化しているものなら施工価格を含めて約23万円が相場となります。

キャビネット付きトイレについては、タンクをキャビネット内に隠しているタイプのものもあり、こちらは多少収納スペースが狭くなるので注意してください。

手洗い器と収納がセットになっているものの場合は、スリムタイプなら施工価格は約6万円、ある程度自由にレイアウトが決められるセミオーダータイプなら約9万円が相場です。

手洗い器付きのキャビネットについては、後付けで手洗いを設置する場合には追加で水道工事が必要となり、約8万円が追加費用の相場となります。

埋め込み式の収納棚については、壁の状況にもよりますが、簡単な内装工事だけで設置できる場合は約5万円、間取りの変更などをともなう場合は約10万円が相場です。

使い心地の良いトイレ収納の作り方

トイレに収納を追加する場合に重要なのは使い勝手が良いかどうかです。

トイレは他の部屋と違い、スペースに余裕があまり無いため、トイレを使用する際や荷物を取り出す際に一手間かかってしまう場所に設置すると使い勝手が悪くなってしまうことがあります。

特に、トイレットペーパーを収納する場合は便座に座った状態で手が届きやすい位置に設置する、掃除器具なら掃除の際に戸棚が邪魔にならない位置に設置すると良いでしょう。

スペースの都合で使い勝手の良い場所に収納が設置できないという場合は、便器をリフォームする際にキャビネット付きトイレに交換すると、収納場所を増設することができます。

また、戸棚などを設置する際には、便器に座る際に邪魔にならない場所に設置することも重要です。

トイレは日常的に使うものですから、便器に座る際に追加した収納に体が触れたり、気になるような位置にあったりすると落ち着いて使用することができません。

便器に近い方が使いやすいのは確かですが、近いことだけを重視すると逆に使いにくくなってしまいますので、設置位置についてはよく確かめてから決めるようにしましょう。

DIYで収納を追加することはできる?

吊り棚などの簡易的な収納の場合、板と固定金具さえあれば壁に設置することができるため、DIYで施工するという方も多いようです。

ですが、住宅の壁に設置する場合、柱にきちんとネジが入っていないと、地震や荷物の重量によって棚そのものが落下してしまうことがあります。

リフォーム会社に依頼すれば、あらかじめ柱の位置や設置しても問題の無い位置を調べてから施工してくれるので、もしもの時も安心です。

DIYで施工すれば費用を抑えることができますが、事故を防ぐためにも施工はプロに依頼しましょう。

リフォームする際のポイント

もしリフォームを実際に行うとなった際には、ぜひお近くのリフォーム会社に一度ご相談することをおすすめします。

リフォーム会社に相談する時に一番気になるのは「いくらかかるのか」という金額の部分かと思います。

正確なリフォーム金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

その際に、損をしないリフォームを実現するために重要なことが一点あります。

それは、リフォーム会社1社のみに現地調査と見積もりをお願いするのではなく、複数社に依頼して、必ず「比較検討」をする!ということです。

複数の会社に依頼する時のポイントは「同じ条件」で依頼することです。バラバラの条件で依頼をすると、正しい比較ができません。

このポイントをきちんと押さえ、複数の会社の提案を受けることでご希望のリフォームの適正価格が見えてきます。

「色んな会社に何度も同じことを伝えるのがめんどくさい…。」という方はカンタンに複数社を比較検討できるサービスもございますので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!