1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 費用を調べる
  4.  > 
  5. 内装
  6.  > 
  7. キッチンにカウンター下収納を!リフォーム費用やデザインを紹介!

キーワードから探す


2017年12月27日更新

キッチンにカウンター下収納を!リフォーム費用やデザインを紹介!

システムキッチンを使っていて、収納スペースが足りないという場合には、キッチンカウンターの下部分をリフォームして収納へと作り替えることができます。キッチンカウンターをリフォームして収納を作る際の工事方法と、施工価格の相場についてご紹介します。

キッチンカウンターの収納リフォームでなにができる?

キッチンの収納が不足しており、壁面に新しい収納家具を設置することも難しいという場合には、キッチンカウンターの天板の飛び出した部分をリフォームして収納スペースを作ることができます。

施工方法は、キッチンカウンターそのものを改造して収納棚や食器棚を造作することもありますが、既存の食器棚や収納棚の中から、天板の奥行きと高さに合ったものを選んで設置することも可能です。

ただ、既存の製品を設置する場合はサイズが上手く合わずに隙間や余分なスペースができてしまいますので、できれば工務店などに依頼して、サイズにぴったりと合った作り付け家具を作ってもらうといいでしょう。

オーダーメイドならキッチン側とダイニング側のどちらでも設置できる

キッチンカウンター下に既存の食器棚や収納棚を設置する場合、天板が飛び出している側にしか設置することができません。

ですが、キッチンカウンターそのものをリフォームし、収納部分をオーダーメイドで作ってもらえれば、ダイニング側、壁側のどちらにでも自由に棚を設置することができます。

また、オーダーメイドなら扉付きや引き戸式、サイドボードタイプ、棚の大きさなども好みや使い方に合わせて自由に依頼することができるので、使いやすさとデザインを考えるならオーダーメイドがおすすめです。

カウンター下収納のデザインによって使い心地はどう変わるのか

扉付きや引き戸、サイドボードなど、デザインの違いによって使い勝手はどう変わるのでしょうか?

扉付きや引き戸式収納の場合は、ダイニング側に設置しても中身が見えないため、来客時でも安心です。

逆に、扉がないタイプの場合は中身が見えてしまいますが、荷物の出し入れがすぐに行えるため、調理中に調味料や食材を取り出したりしやすいというメリットがあります。

ただ、扉付き、開放型のどちらのタイプも、縦に荷物を収納することになりますので、細かな品物を収納するのには向いていません。

小物類などを整理して収納したいという場合には、引き戸タイプの収納を設置すると良いでしょう。

キッチンカウンター下に収納を設置する場合、収納家具を引き出せるようにキャスター付きのものを選ぶのもおすすめです。

使用しない場合には壁面に付けて収納しておき、使用する際に引き出せば、追加した収納家具の天板も作業スペースとして利用できます。

また、キャスター付き収納にゴミ箱を収納しておけば、必要に合わせてゴミ箱の位置を変更でき、未使用時にはゴミ箱を隠すことができるのでおすすめです。

キッチンカウンターの収納リフォームにかかる費用

キッチンカウンター下に食器棚などを設置する場合の費用は、既存の製品を購入する場合なら約1万円からが相場となります。

デザインや収納力、材質にこだわりたいという場合には、もう少し費用が高くなり、約5万円程度です。

収納棚をオーダーメイドで作成する場合には、サイズによって価格が変わり、幅100cmサイズなら約12万円、幅130cmサイズなら約14万円、幅160cmサイズなら約16万円が相場となります。

オーダーメイドの場合、使用する木材やサイズによって価格が大きく変わりますので、家具店や工務店で詳しく聞いてみると良いでしょう。

キッチンカウンターそのものを改造し、収納スペースを作る場合についても、オーダーメイド家具と同じく、設計や材質によって費用が大きく変わります。

また、キッチンカウンターの構造や材質によって改造ができないこともありますので、まずは調査を依頼し、可能かどうか調べてもらいましょう。

リフォームする際のポイント

もしリフォームを実際に行うとなった際には、ぜひお近くのリフォーム会社に一度ご相談することをおすすめします。

リフォーム会社に相談する時に一番気になるのは「いくらかかるのか」という金額の部分かと思います。

正確なリフォーム金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

その際に、損をしないリフォームを実現するために重要なことが一点あります。

それは、リフォーム会社1社のみに現地調査と見積もりをお願いするのではなく、複数社に依頼して、必ず「比較検討」をする!ということです。

複数の会社に依頼する時のポイントは「同じ条件」で依頼することです。バラバラの条件で依頼をすると、正しい比較ができません。

このポイントをきちんと押さえ、複数の会社の提案を受けることでご希望のリフォームの適正価格が見えてきます。

「色んな会社に何度も同じことを伝えるのがめんどくさい…。」という方はカンタンに複数社を比較検討できるサービスもございますので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!