1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 費用を調べる
  4.  > 
  5. トイレ
  6.  > 
  7. トイレのリフォーム費用や価格の相場は?

キーワードから探す


2018年10月10日更新

トイレのリフォーム費用や価格の相場は?

トイレリフォームには多くの選択肢があります。しかし、便器の交換や二階への新設など、リフォーム方法ごとに様々な付随工事が発生するため、相場費用がわかりにくいのもトイレリフォームの特徴です。今回は、そんなトイレリフォームの費用を様々な事例ごとにご紹介します。

  • 【監修者】ディバルコンサルタント株式会社 代表 明堂浩治
  • この記事の監修者
    ディバルコンサルタント株式会社
    明堂浩治
    大手建設会社20年勤務

トイレのリフォームのタイミングはいつ?

ほとんどの家庭にあるトイレは陶器製のものが多く使われています。

陶器製のトイレには、基本的に寿命という物はなく、百年でも使っていくことは可能です。

しかし、機能が古くなり、通常のお手入れでは落とせない汚れが出てきた場合は、リフォームを検討するタイミングと考えて良いでしょう。

進化したトイレの機能

機能面では、便座が暖かいものや、ウォシュレットタイプ、蓋の自動開閉式タイプなどは登場していましたが、トイレの素材としてはTOTOの陶器製以外の選択肢はありませんでした。

近年登場したTOTO以外の樹脂性の便器は、汚れがつきにくく、陶器では不可能だった細かい設計も可能になり、さらにトイレの使いやすさを向上させました。

また、洗剤を入れるだけで自動的洗浄が可能なタイプや、節水タイプのものまで、幅広い種類が登場しており、最新のトイレにリフォームするだけで、大きな満足感を得られることは間違いないでしょう。

トイレリフォームの工事費用

トイレリフォームと言っても、便器の交換なのか、便座だけの交換なのか、床や壁、天井全体のリフォームをするかで、必要な工事の内容や総予算は異なります。

まずはトイレリフォームの種類ごとに、工事に必要な費用と、メリット・デメリットをそれぞれ見てみましょう。

なお、価格はあくまでも参考価格ですので、リフォーム時の見積もりの目安としてご参照ください。

トイレのリフォーム費用や価格の相場は?

便座のみを交換するリフォーム

・交換工事費用:約5万円

工事費用の内訳:
・便座撤去費用:約2万円
・便座交換費用:約3万円

そのほか、ウォシュレット機能や便座保温機能など、電源が必要な機能を新たに取り付けると、電源新設工事が約2万円必要です。

冬のヒートショック対策として、暖房便座は特に需要が高いと言えるでしょう。

またオート洗浄、蓋のオート開閉式、ウォシュレット機能などが付いたタイプもありますので、便座を取り替えるだけで、現在お使いのトイレの機能が大幅にアップすることは間違いありません。

便器を交換するリフォーム

・交換工事費用:約10万円

工事費用の内訳:
・トイレ撤去費用:約4万円
・トイレ取り付け費用:約5万円
・給排水管工事費用:約1万円

最も行われる件数の多いトイレリフォームです。こちらも電源新設工事が必要であれば、約2万円の追加費用が発生します。

便座のみの交換工事費に比べると割高ではありますが、最新のトイレには標準で節水機能が搭載されており、数年間で節約できる水道代で、すぐに工事費用を回収することが可能です。

トイレの便器を交換するリフォーム費用のより詳しい記事はこちら

便器の交換+内装リフォーム

・交換工事費用:約20万円

工事費用の内訳:
・トイレ撤去費用:約4万円
・トイレ取り付け費用:約5万円
・給排水管工事費用:約1万円
・壁クロス張替え費用:約6万円
・床クロス張替え費用:約5万円

床材や壁クロスなども年月が経てば、汚れや黒ずみが気になってくる場所です。

これらも思い切ってリフォームすると、トイレはまったく別空間に生まれ変わります。

防水製の壁クロスと床材を選ぶことになるため、通常の内装工事に比べて、費用は若干高めになります。

トイレのリフォーム費用や価格の相場は?

また、電源新設工事の約2万円も忘れないように押さえておきましょう。

また、トイレの壁を広げる内装工事を行う場合、隣に浴室があると制約が生じることがあります。

トイレの隣にあるのが在来工法のお風呂や洗面台であれば、壁の移動や床材の張替えは比較的容易です。

しかし、ユニットバスでは壁の移動ができませんので、設置トイレのサイズを小さくしなくてはなりません。

トイレの内装リフォームにかかる費用のより詳しい記事はこちら

和式トイレから洋式トイレへの交換リフォーム

・交換工事費用:約40万円

工事費用の内訳:
・トイレ撤去費用:約4万円
・トイレ取り付け費用:約5万円
・給排水管工事費用:約1万円
・壁クロス張替え費用:約6万円
・床クロス張替え費用:約5万円
・床段差解消工事費用:約20万円
・電源新設工事費用:約2万円

和式から洋式に変更する場合は、洋式トイレのサイズが空間に納まることを確認しておきましょう。

また、和式トイレ特有の段差も工事で無くさなければなりません。

また、和式トイレしか入らない狭いトイレスペースには、トイレットペーパーや掃除用具を入れる収納が確保できない恐れがあります。

カウンターや吊戸棚の設置などで、収納スペースを別途用意しておきましょう。

和式トイレから洋式トイレへの交換リフォームにかかる費用のより詳しい記事はこちら

二階にトイレを増設するリフォーム

・工事費用:約40万円

工事費用の内訳:
・トイレ取り付け費用:約5万円
・給排水管工事費用:約2万円
・壁クロス張替え費用:約6万円
・床クロス張替え費用:約5万円
・電源新設工事費用:約2万円
・壁解体増設費用:約20万円

既存の物置などの空間を二階のトイレスペースとして再利用できる場合は、新たに壁を解体・増設する費用が発生しないこともあります。

また、一階のトイレより離れた位置にトイレを設置する場合、給排水管の大掛かりな延長工事が発生し、約5万円の追加費用が発生します。

また、タンクレストイレは二階に接地すると水圧が不足することがありますので、必ずリフォーム前に水圧調査を行い、必要であれば水圧ブースターを別途購入しておきましょう。

トイレの増設リフォームにかかる費用のより詳しい記事はこちら

トイレのリフォームが得意なリフォーム会社を探すには

自分が住んでいる地域でトイレのリフォームをしてくれるリフォーム会社を知りたい場合は、リフォーム会社紹介サービスを使うと良いでしょう。

リフォーム会社紹介サービスの「ハピすむ」は、お住まいの地域やリフォームのニーズを詳しく聞いた上で、適切で優良なリフォーム会社を紹介してくれます。

運営会社のエス・エム・エスは、東証一部上場企業なので、その点も安心です。

無料の比較見積もりはこちらから

タンクレスとタンク付きトイレの価格差

背面にタンクのないタンクレストイレと、手洗い場が付いたタンク付きトイレを比べると、高い節水機能やデザイン性に優れたタンクレストイレの方が、若干価格は高くなります。

しかし、タンクレストイレは必ず手洗い場をトイレ内に設置しなくてはなりませんので、タンク式からタンクレスへのリフォームでは、手洗い場の設置費用が発生します。

・手洗い場新設機能:約15万円

つまり、タンクの有無自体には大きな価格差はありませんが、手洗い場の新設が必要かどうかで、タンクレストイレのリフォームの総費用は、タンク付きに比べて約15万円高くなります。

既設の洗面台がトイレのすぐ近くにある間取りであれば、手洗い場として利用することも可能です。


トイレリフォームの費用相場

それでは、以下からはトイレリフォームの総費用を、様々なリフォームの種類ごとに見ていきましょう。

なお、便座交換以外のトイレの価格は、各メーカーのミドルクラストイレの平均価格から、販売価格を想定して、3割値引きされた金額を使用しています。

・ミドルクラストイレの販売価格:約20万円

便座のみを交換するリフォーム

・工事費用:約10万円
・商品価格:約4万円

合計:約15万円

便器を交換するリフォーム

・工事費用:約10万円
・商品価格:約20万円

合計:約30万円

トイレのリフォーム費用や価格の相場は?

便器の交換+内装リフォーム

・工事費用:約20万円
・商品価格:約20万円

合計:約40万円

和式トイレから洋式トイレへのリフォーム

・工事費用:約40万円
・商品価格:約20万円

合計:約60万円

二階にトイレを増設するリフォーム

・工事費用:約40万円
・商品価格:約20万円

合計:約60万円

タンク式をタンクレストイレに交換し、手洗い場を新設するリフォーム

・工事費用:約25万円
・商品価格:約21万円

合計:約45万円

賃貸マンションのトイレリフォームのメリット

賃貸マンションの維持管理において、トイレのリフォームはタイミングの見極めが難しいものです。

あるいは、現在賃貸マンションにお住まいで、トイレの原状回復義務についてお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。

賃借人の原状回復義務

国土交通省では、原状回復のガイドラインを定めており、その中で「賃借人(部屋を借りていた人)は経年劣化によって生じる自然損耗は負担しなくても良い」としています。

つまり、定期的に掃除を行っても汚れが蓄積していくトイレは、退去の際、賃借人は古いトイレの交換や消毒の費用を負担する必要はないとされています。

原状回復義務に関するより詳しい記事はこちら

賃貸こそトイレリフォームを行うべき理由

しかし、天井の電球を交換するために便器の上に乗るなど、過失によってトイレを壊した場合や、定期的な掃除を怠って汚れを著しく進行させてしまった場合は、賃借人がトイレの交換費用を負担しなくてはなりません。

さらに、少しの負荷で壊れてしまうようなトイレをいつまでも設置し続けていると、破損の責任がどちらにあるか、トラブルの原因になってしまいます。

賃貸マンションのトイレリフォームのタイミングとしては、以下のようなものがあります。

・入居を迷っている内覧者に、トイレリフォームの実施をアピールする
・全室のトイレリフォームを近年実施したことを、物件情報サイトに掲載する
・トイレリフォーム費用を修繕費として計上し、節税に繋げる

ただし、自動洗浄機能やウォシュレット機能付きなど、トイレの機能をリフォーム前よりも高めた場合は、修繕費ではなく「資本的支出」とみなされることがあります。

資本的支出とみなされたトイレリフォーム費用は、法定耐用年数にもとづいて15年間分割して減価償却しなければならず、すぐに大きな節税効果を生み出すことはできませんので注意しましょう。

トイレリフォームに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきたトイレリフォームは、あくまで一例となっています。

正確なリフォームの金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国700社以上が加盟しており、トイレリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!