1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 費用を調べる
  4.  > 
  5. 外壁塗装
  6.  > 
  7. 外壁のサビ取り・落としの費用相場は?サビ止めや原因、進行具合ごとの対処法も紹介!

キーワードから探す


2017年09月20日更新

外壁のサビ取り・落としの費用相場は?サビ止めや原因、進行具合ごとの対処法も紹介!

住宅の外壁材として金属製のサイディングを使用している場合、気になるのが錆びです。錆が進行してしまうと、外壁に穴が空いてしまいますし、防水性も低下してしまいます。建物を守るために錆びの進行を抑える方法と、補修方法について見てみましょう。

金属サイディングには錆びやすいものと錆びにくいものがある

建物の外壁に使われるサイディング材には、金属を用いたものと陶器で作られた窯業系のものがあります。

金属製のサイディングは窯業系サイディングに比べ、軽量というメリットがありますが、塗膜の剥がれなどの原因で錆が出てしまうため、定期的なメンテナンスが欠かせません。

また、金属製でも材料として使われている金属によって錆びやすさが違うため、あらかじめ錆びにくい金属でできたものを使うことでメンテナンスの手間を減らすこともできます。

錆びやすいサイディング材はどんなものがある?

サイディングに用いられている金属には、鉄、アルミ、SUS(ステンレス)、ガルバリウム鋼板が一般的です。

このうち、鉄製のものが一番錆びやすく、続いてガルバリウム鋼板、アルミ、SUSの順番になります。

ただ、鉄製やガルバリウム鋼板製のものでも、塗膜でしっかり覆われていれば錆を防ぐことができますので、定期的に塗装をメンテナンスやサビ止めの塗布を行うと良いでしょう。

トタン製外壁が錆びてしまったときは

近年ではあまり使われなくなっていますが、古い住宅では外壁材にトタンが用いられていることがあります。

トタンは金属サイディングに比べて錆びやすく、頻繁にメンテナンスを行わなければいけません。

また、素材自体も薄いため、サビ取りが難しく、穴も空きやすいので、錆びた際には交換となることが多いようです。

もし錆びて穴が空いてしまったときは、まるごと張替えるか、錆びた部分だけを切り取って新しいトタンを穴の形に合わせて張付けるという対処になります。

錆が出てしまった場合の補修方法

メンテナンスをしていても、目につきにくい箇所が錆びてしまうことがあります。

もし外壁が錆びてしまったときにはどのようにサビ取りを行うのでしょうか?

まず、鉄系の壁材に多い赤さびですが、錆の進行が少ない場合はワイヤーブラシできれいに錆びた部分を取り除き、サビ止めの塗布を行ってから再塗装を施します。

アルミに発生する白い斑点状の錆の場合は、ヤスリやサンダーで錆を削り、表面を滑らかに仕上げ、場合によってはトップコート、もしくは塗装を施すのが一般的です。

錆の進行が進み、サビ取りだけで対処できない場合は一部分だけ交換となります。

赤さびによる錆汁を落とす方法

錆が出た箇所以外にも、錆が雨で流れ落ちて赤く染まってしまう錆汁が原因で外壁が汚れている場合はどう対処すれば良いのでしょうか?

この場合は、錆びた部分の補修を行ってから、錆汁が付着した部分の塗装を剥がし、再塗装を行うという流れになります。

錆汁の付着が少なければ洗浄で対処できることもあるのですが、錆汁は汚れ落としでは対処することが難しいため、美しく補修したいなら再塗装を行った方が良いでしょう。

錆を見つけたらどうすればいい?

錆は放置しているとどんどん進行してしまうので、見つけたらすぐに対処することが重要です。

小規模な錆ならご自分で道具を用意して対処しても良いのですが、見えにくい部分に錆が隠れていることもありますので、リフォーム会社に全体的な錆の状態を確認してもらい、修理プランを考えてもらった方が良いでしょう。

錆の補修やメンテナンスにかかる費用の相場

全体的に錆が見られる場合は、塗装を剥がしてサビ止め塗料を塗布し、その上から再塗装を行います。

サビ止め塗料の価格は1平米あたり約600円、これに通常の塗料価格を加えたものがリフォーム費用の相場です。

ただ、塗装会社によっては錆の対処が下地処理や補修料金に含まれていることもありますので、依頼される際には何処まで基本価格に含まれているか確認しておくと良いでしょう。

小規模な錆の修繕や穴が空いた場合の修繕については、錆の状況や穴の大きさ、錆の原因によって価格が変わってきますので、リフォーム会社に見てもらい、見積もりを出してもらってください。

外壁の高圧洗浄にはどれぐらいの費用がかかる?

外壁の塗装リフォームを行う際には、建物の汚れ落としのために、高圧洗浄を施さなければいけません。

この洗浄の際には、コケやカビを除去するために専用の洗剤を用い、汚れ落としと同時にカビなどが生えないように処理します。

洗剤を使って外壁を洗浄する場合は、まず塗装面に洗剤を塗り、浸透したのを確認してから水で洗浄するため、通常の高圧洗浄に比べて時間がかかるので注意しましょう。

高圧洗浄の価格については、1平米あたり約200円が相場です。

これに塗装費用と足場代、諸経費を加えたものが外壁塗装の費用になります。

木造や鉄筋コンクリートで錆が見つかった場合の対処法

同じ金属サイディングを使っている建物でも、木造か鉄筋コンクリートかで修理方法がかわります。

木造の場合は錆によって防水性が低下した場合、内部の木材が腐っていることが考えられるため、錆びたサイディングを取り外し、内部の状態を確認してもらった方が良いでしょう。

鉄筋コンクリートの場合は、木造に比べて雨水の浸入による劣化は抑えられますが、鉄筋そのものが錆びてしまっていると、コンクリートを取り除いて鉄筋のさびを除去しなければいけません。

どちらも実際に内部の状況を確認しなければどれだけ補修費用がかかるのかわからないため、修理費用についてはリフォームに見積もりを出してもらい、相見積もりをとると良いでしょう。

優良なリフォーム会社を簡単に探すには

ここまで説明してきた各種リフォーム費用は、あくまで一例となっています。

正確なリフォームの金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「リフォーム会社を自分で探して問い合わせするのが億劫...。」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

無料の比較見積もりはこちら>>

住宅リフォーム売上ランキング上位6社の内、5社の大手リフォーム会社が加盟しているので安心してご利用いただけます。

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!