1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 費用を調べる
  4.  > 
  5. 外壁塗装
  6.  > 
  7. 外壁張替えの費用・施工方法・ポイントご紹介します!

キーワードから探す


2018年01月30日更新

外壁張替えの費用・施工方法・ポイントご紹介します!

住宅の外壁を張り替える場合、施工費用の目安はどれぐらいなのでしょうか?外壁張り替え工法の工事の手順と、それぞれの工程ごとにかかる費用、外壁を張り替える際のメリットとデメリットなどについて、詳しくご紹介していきます。

外壁張り替え工法とはどんな工事?

外壁張り替え工法とは、既存の外壁材を解体、撤去し、下地部分を調整してからサイディングボードなどの新しい外壁材を施工するリフォーム方法です。

一度全ての外壁材を撤去する必要があるため、解体費用や廃材の処分費用等がかかりますが、外壁部分を新品に交換することができるため、住宅の雰囲気を変えたり、断熱性や防音性を高めたりといった効果が得られます。

また、外壁材を撤去してから施工を行うため、外壁の傷みによる雨漏りで発生した下地部分の劣化を修繕したり、断熱材を交換して断熱性能を取り戻したりすることができるのも張り替え工法のメリットです。

外壁張り替え工法の流れと費用

外壁張り替え工法では、まず住宅の周囲に作業用の足場とホコリ等の飛散を抑えるための養生シートを設置していきます。

足場の設置費用は1平方メートル辺り約700円、養生シートについては1平方メートルあたり約200円が相場です。

施工面積についてあらかじめ知っておきたい場合は、住宅の周囲に8mを足し、高さを掛けるとある程度の足場費を計算することができます。

ただ、あくまで概算となりますので、正確な足場費を知りたいという場合には業者に見積もりを依頼すると良いでしょう。

足場の設置が終わったら既存の外壁材を解体し、廃材を処分、その後下地の調整を行ってから新しい外壁材の施工です。

解体および廃材の処分費については、住宅の大きさや業者にもよりますが、約10万円が相場となります。

外壁材の施工については、金属サイディングなら施工費用込みで1mあたり約6,000円、窯業系サイディングなら1mあたり約8,000円が目安です。

サイディングボードを施工後、隙間からの雨水の浸入を防ぐ為にシーリング剤を用いて目地を埋める作業を行い、最後に全体的な仕上がりを検査し、足場等を撤去して工事は完了となります。

シーリング作業については1mあたり約700円が相場です。

合計費用は40坪の住宅をリフォームした場合で約200万円となります。

施工期間については、足場の設置と養生シートの設置が合計で約2日、解体作業が約1週間、下地調整が約2日、サイディングとシーリングの施工が合計で約1週間、撤去および検査で約2日が目安です。

施工期間についても、正確に予定を知りたい場合には、リフォーム業者に見積もりを依頼すると良いでしょう。

外壁張り替え工法のメリットとデメリット

外壁張り替え工法で住宅の外壁をリフォームした場合、下地や断熱材の補修が行えるというメリットがありますが、その他にはどのようなメリットがあり、またどのようなデメリットがあるのでしょうか?

外壁張り替え工法のメリット

下地等の補修が行える以外のメリットとしては、住宅の外壁重量を増やすことなくリフォームが行えるということです。

外壁のリフォーム方法には、既存の外壁材の上に新しい外壁材を重ね張りする工法もあるのですが、どうしても新しい外壁材の分だけ重量が増加してしまうため、耐震性がやや低下するというデメリットがあります。

張り替え工法なら、既存の外壁材を撤去して新しい外壁材を設置するため、この重量増加が起こらず、耐震性を維持したままリフォームを行うことができるでしょう。

また、重量の問題が少ないため、使用する外壁材をある程度自由に選ぶことができるというのもメリットです。

外壁カバー工法の場合、重量の問題から軽量な金属サイディングを利用することが多いのですが、張り替えの場合はある程度重量に余裕があるため、窯業系サイディングボードも使用することができます。

耐久性を考えた場合、金属サイディングに比べて窯業系サイディングの方が優れているとされていますので、経年劣化に強い外壁にリフォームしたいという方は張り替えで窯業系サイディングに変更すると良いでしょう。

外壁張り替え工法のデメリット

外壁張り替え工法では、どうしても既存外壁の解体と撤去を行う必要があります。

そのため、解体の必要がないカバー工法に比べて施工期間が長く、処分費や解体費、人件費等が追加でかかるため、施工費用はやや高めになってしまうでしょう。

また、解体の際には騒音等が発生するため、騒音対策についても考えておく必要があります。

養生シートを足場に設置しておけば、多少騒音やホコリについては抑えることができますが、それでも完全に音を消すことはできませんので、工事着工前に近隣住民に挨拶を行っておきましょう。

外壁張り替えリフォームの費用を安く抑える方法とは

外壁の張り替えリフォームを行う場合、破損の原因が自然災害の場合は火災保険の適用を受けることができます。

もし、台風や地震等で外壁が破損し、修理を兼ねてリフォームを行う場合にはご加入の保険会社に連絡し、調査を依頼すると良いでしょう。

また、自治体によっては住宅リフォームについての補助金制度が実施されている場合もあり、上手に利用することで費用を抑えることができます。

外壁のリフォームには対応していない場合でも、適用となるリフォームと組み合わせることで費用を抑えられることもありますので、リフォームをお考えの方はお住まいの地域の役所等まで問い合わせてみてください。

リフォームする際のポイント

もしリフォームを実際に行うとなった際には、ぜひお近くのリフォーム会社に一度ご相談することをおすすめします。

リフォーム会社に相談する時に一番気になるのは「いくらかかるのか」という金額の部分かと思います。

正確なリフォーム金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

その際に、損をしないリフォームを実現するために重要なことが一点あります。

それは、リフォーム会社1社のみに現地調査と見積もりをお願いするのではなく、複数社に依頼して、必ず「比較検討」をする!ということです。

複数の会社に依頼する時のポイントは「同じ条件」で依頼することです。バラバラの条件で依頼をすると、正しい比較ができません。

このポイントをきちんと押さえ、複数の会社の提案を受けることでご希望のリフォームの適正価格が見えてきます。

「色んな会社に何度も同じことを伝えるのがめんどくさい…。」という方はカンタンに複数社を比較検討できるサービスもございますので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!