1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 基礎知識
  4.  > 
  5. 外壁塗装
  6.  > 
  7. 外壁塗装の剥がれの原因や予防法は?補修方法や費用もご紹介します

キーワードから探す


2018年03月22日更新

外壁塗装の剥がれの原因や予防法は?補修方法や費用もご紹介します

住宅の外壁塗装が剥がれてしまった場合、どのように対処する必要があるのでしょうか?外壁塗装の剥がれの原因と予防方法、外壁の塗装が剥がれてしまった場合の対処方法と対処にかかる費用についてご紹介していきます。

住宅の外壁塗装はなぜ剥がれるのか?

外壁の塗装が剥がれて下地がむき出しになってしまった、外壁の構造が丸見えになっている、このようなトラブルはなぜ起こるのでしょうか?

外壁用の塗料は、厳しい屋外の環境に耐えられるよう、耐久性や耐候性を重視して作られていますが、それでもある程度の年数が経つと劣化が進み、本来の性能を発揮することができなくなってしまいます。

このような劣化が塗膜に起こると、塗膜の伸縮性が低下したり、下地との接合が弱くなったりといった症状が起こり、塗膜の剥がれや浮きといった症状が現れるのです。

また、塗膜の剥がれは塗装の劣化だけで起こるというわけではありません。

屋根と外壁の隙間の防水が弱まり、外壁内に雨が侵入して構造材が傷んだ場合や、施工の際の下地づくりや塗装が甘かった場合にも塗装の剥がれが起こることがあります。

外壁の剥がれを放置するとどんな問題が起きる可能性がある?

住宅の外壁塗装は建物を雨水から守るために施されています。

そのため、外壁塗装が剥がれてしまうと雨水が簡単に内部に侵入できるようになってしまい、建物の構造や内壁を傷めてしまうのです。

内壁まで雨水が浸入した場合は壁紙などの内装が傷んでしまいますし、内壁まで侵入していない場合でも、外壁内部の構造材が腐食し、大がかりな修繕が必要となってしまいます。

塗装が剥がれた場合はどうやって対処すると良い?

塗装にひび割れや剥がれが発生した場合、外壁への雨水や湿気の侵入を予防することができなくなり、構造材などが傷みやすくなってしまうため、一刻も早い対処が必要です。

外壁塗装にひび割れや剥がれを発見した場合は、すぐに業者に連絡し、破損部分の補修を依頼するようにしましょう。

また、塗膜剥がれの原因が塗装の劣化によるものだった場合は、住宅全体の塗装リフォームも必要となります。

もし、リフォームや新築時の施工不良が原因で塗膜の剥離が起こった場合は、施工を担当した業者に連絡を取り、状態を確認してもらってください。

この時、施工不良に対する保証があるなら問題はありませんが、もし保証がない場合には費用をどうするかの協議も必要となります。

このようなトラブルは丁寧に施工を施していても完璧に防ぐことはできませんので、リフォームなどで外壁塗装を依頼する際には、保証体制がしっかり整っている会社に施工を依頼するようにしましょう。

DIYで外壁塗装を補修することはできる?

剥離した塗膜の補修やひび割れの修理を業者ではなく自分で行うことはできるのでしょうか?

ホームセンターなどでは、外壁塗装用のペンキや建築用のモルタル、防水用のシリコンシーリング剤などが販売されているため、これらの材料を用いれば自分で対処できそうに思えます。

ですが、建物の外壁塗装やひび割れの修理については、完璧に補修できなければ内部に水分が侵入し、建物の寿命を縮めてしまうというリスクがあるため、DIYでの外壁補修についてはおすすめできません。

また、一時的に補修が上手くいったとしても、下地づくりなどが不十分なら簡単にペンキが剥離してしまいますし、ペンキによっては耐候性が不十分な製品もあり、補修には向いていないものもあります。

長期間安心して暮らせるよう、外壁に関する補修や修理については、DIYではなく専門の業者に施工を依頼するようにしましょう。

外壁の補修を業者に依頼するとどれぐらいの費用がかかる?

塗膜の剥がれや外壁のひび割れが発生した場合、修理を依頼すると費用はどれぐらいかかるのでしょうか?

まず、小規模なクラックや剥がれなどが起きている場合については、モルタルをひび割れに擦り込むだけで補修できるため、下地補修と塗装を含めて1平方メートルあたり約15,000円が相場となります。

ひび割れの範囲が広い場合や、ひび割れが大きい場合はモルタルの塗り直しなどの大がかりな補修が必要となるため、下地の補修が1平方メートルあたり約2,000円、塗装は1平方メートルあたり約3,000円が相場です。

塗装費用については、一般的に広く用いられているウレタン塗料で塗装を行った場合の費用ですので、シリコン塗料やフッ素塗料などの高機能塗料を使用した場合、費用はもう少し高くなります。

また、施工箇所が高所の場合は足場を設置しなければならないため、追加で1平方メートルあたり約700円の費用が必要です。

工期に関しては、建物全体の補修および塗装を行う場合が約2週間、一部のみを補修する場合については、施工内容と範囲にもよりますが、約1週間が目安となります。

外壁の補修を行う際には火災保険を確認しよう

外壁の塗装が破損したり、外壁にひび割れなどが発生したりした場合、原因によっては火災保険を利用することができます。

火災保険には、風災害への保証が組み込まれているものがあり、このようなタイプの火災保険では、地震や台風などによって外壁が破損した場合の補修費用が一部保証されるのです。

経年劣化による補修については費用の補償を受けることはできませんが、台風の後や地震の後に外壁の傷みを見つけた場合は、保険会社に連絡して対象となるかどうか確認してもらうと良いでしょう。

リフォームする際のポイント

もしリフォームを実際に行うとなった際には、ぜひお近くのリフォーム会社に一度ご相談することをおすすめします。

リフォーム会社に相談する時に一番気になるのは「いくらかかるのか」という金額の部分かと思います。

正確なリフォーム金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

その際に、損をしないリフォームを実現するために重要なことが一点あります。

それは、リフォーム会社1社のみに現地調査と見積もりをお願いするのではなく、複数社に依頼して、必ず「比較検討」をする!ということです。

複数の会社に依頼する時のポイントは「同じ条件」で依頼することです。バラバラの条件で依頼をすると、正しい比較ができません。

このポイントをきちんと押さえ、複数の会社の提案を受けることでご希望のリフォームの適正価格が見えてきます。

「色んな会社に何度も同じことを伝えるのがめんどくさい…。」という方はカンタンに複数社を比較検討できるサービスもございますので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!