1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 基礎知識
  4.  > 
  5. 外壁塗装
  6.  > 
  7. 外壁や屋根の塗装で人気の色は?

キーワードから探す


2017年11月08日更新

外壁や屋根の塗装で人気の色は?

外壁や屋根の塗装で人気の色を紹介します!外壁や屋根の塗装は家の外観を左右します。人目につきやすいので、塗装工事で失敗したくないですよね。外壁や屋根の色は、何となく好きだからという理由で決めると後悔する可能性があります。色のイメージや人気色を知って素敵な外観を目指しましょう。

色のイメージは?メリット・デメリットを考える

外壁塗装工事をしようと思っていて一番悩むのが、外壁や屋根の色ですよね。大量のサンプル見本の中から組み合わせをチョイスしていくのは至難の業です。しかし、色選びのコツを知ればそう難しくはないかも知れません。

まず外壁選びに必要なのは、色のイメージを知ることです。自分の家だからと好きな色を選ぶのもいいかもしれませんが、それだけの理由で塗装工事をしてしまうと後悔する可能性があります。

では、色にはどんなイメージがあるのか見ていきましょう。

クリーム系、ベージュ系

外壁塗料の色で最も人気の色です。ほとんどの色と相性がいいので、周りの環境と良く馴染みます。

イメージ

明るく柔らかい印象。ぬくもりがあり、やさしいイメージがあります。

メリット・デメリット

どんなタイプの家でも合う色です。また明るい色で家も明るく見え、汚れもそんなに目立ちません。一方、大勢の人が好む色なので他の家と似てしまう場合も。

ブラウン系

ブラウン系は高級感があり落ち着いた雰囲気にすることができます。ツートンカラーでアクセントとして選ぶ人もいるようです。

イメージ

高級感があり、落ち着いた印象。シックなイメージも。

メリット・デメリット

シックで落ち着いたイメージを持たせることができ、濃い色なので汚れが目立ちにくい。一方、全部ブラウン系で塗ってしまうと暗すぎてしまうことも。

グレー系、ブルー系

近年増えてきているグレー系とブルー系。シャープでモダンな印象を与えてくれます。グレー系はモダン、ブルー系はカントリー調やツートンカラーで使われることも多いです。

イメージ

グレー系はシャープでモダンなイメージ。ブルー系は白をアクセントカラーで入れるとカントリー調になります。

メリット・デメリット

グレー系は汚れは目立たないですが、近年選ぶ人が増えているので似てしまう可能性も。ブルー系はあまり人と被らない、個性的な家になります。

ホワイト系

憧れている人が多いホワイト系。こちらも人気色です。新築時の真っ白な家はやはり魅力的ですよね。

イメージ

清潔で明るいイメージ。シンプルでナチュラルな印象。

メリット・デメリット

どんな色との組み合わせもOKなのがホワイト系。好みのテイストに馴染んでくれます。一方、汚れが目立つので掃除などのメンテナンスが必要。

オレンジ系、イエロー系、ピンク系

暖色系の3色は、洋風の家に使われることが多いです。見た目も明るく華やかになり、多くの人に好印象を与えられます。

イメージ

お花が咲いたように明るく陽気なイメージ。暖かく若々しい印象

メリット・デメリット

イエロー系は風水的に吉。アクセントカラーやツートンカラーにするとセンスアップに。一方、色味を選ばないと派手すぎて浮いてしまう可能性も。薄い色は汚れが目立ちやすくなることも。

クリア系

クリア系はサイディングのみに使用される透明な塗料です。サイディング外壁の場合、特殊な模様や風合いを表現したものがあり、そういったデザインを生かすために使われます。

イメージ

サイディングボードで複雑な模様を表現したとき、個性的でアクセントにもなり高級感も感じられます。

メリット・デメリット

レンガ調で複数色の模様を再現するのは難しいのですが、サイディングであれば再現でき質感を壊さずに耐水・耐候性を高める事が出来る。一方、リフォームの際サイディングボードが劣化してしまうとクリア塗装ができなくなります。

外壁や屋根で人気の色は?

外壁塗装の色で人気なのは、やはりクリーム系やベージュ系が一番人気です。次にホワイト系やグレー系も人気色です。
このような人気色に加え、近年では塗料の中にもブルー系などはっきりした色が登場するようになりました。これはいわゆる一般的な色より、家の外観でも個性を出したい人が増えてきたということのようです。

一方、外壁の人気色に合わせるように屋根の人気色は、外壁塗装で人気の色と相性の良い黒っぽいブラウン系やグレー系の色が人気のようです。

実は光の反射上、ホワイト系に近い方が太陽光の反射率が上がり、部屋の中が暑くなり過ぎず室温を快適に保つことができます。

しかし、屋根をホワイト系にしている家はほとんどありませんよね。それは、屋根を明るい色にすると汚れがとても目立ってしまうからです。

屋根の色を決める際は、光の反射率も考慮した方が快適に過ごすことができますし、何より節約やエコにも繋がります。どうしたらいいか分からない場合は、塗装工事会社に聞いてみましょう。

外壁や屋根で人気の組み合わせを見てみよう

外壁と屋根の色で人気の組み合わせは以下の通りです。
・(外壁)ホワイト系×(屋根)濃いブラウン系
・(外壁)グレー系×(屋根)濃いグレー系
・(外壁)ホワイト系×(屋根)濃いグレー系
・(外壁)ベージュ系×(屋根)濃いブラウン系

やはり人気の組み合わせは、人気色を組み合わせたものになりましたね。もし色選びに迷っていたら、この中から色を選んでいけば間違いないようです。

色は3色まで!アクセントカラーを使って個性的に

外壁や屋根の色を決めていくときに使用していい色は3色までと言われています。3色の配分としては、ベースカラー・アソートカラー・アクセントカラーの順で塗装する面積が違います。

色選びのコツとして、ベースカラーは原色などの鮮やかな色は避けてやさしい色合いを選びます。次にアソートカラーです。こちらは塗装する面積が少なくなるのですが、ベースカラーとアソートカラーの中間を選びます。

最後にアクセントカラーです。面積が最も少ないカラーなので、選ぶ色によって個性的な印象を与えることができます。また、全体を引き締める役割もあります。

色以外にもアクセントカラーとしてレンガ調のタイルを張ったり、サッシの色を白や木目調にしたりとさまざまな工夫ができます。

人気の色の組み合わせを選ぶと、どうしても他の家の外観と同じデザインになってしまいます。アクセントカラーを上手に使ってオリジナリティを表現できるといいですね。

リフォームする際のポイント

実際にリフォームをする際には、「いくらかかるのか」が気になる方が多いと思います。

正確なリフォーム金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「リフォーム会社を自分で探して問い合わせするのが億劫...。」

「複数社に何回も同じ説明をするのがめんどくさい...。」

そんな方は、カンタンに無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

無料の比較見積もりはこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!