1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 費用を調べる
  4.  > 
  5.  > 
  6. 窓の後付けや増設リフォーム費用・価格は?

キーワードから探す


2017年06月30日更新

窓の後付けや増設リフォーム費用・価格は?

窓の数が多いと、日光を効率よく取り入れることができます。後付けでも窓を増設できるので、部屋に日光が余り射し込まない場合は検討してください。窓やサッシのグレードで総費用が大きく変動します。今回は、窓の後付けや増設リフォームにかかる費用の相場について解説します。

  • 【監修者】ディバルコンサルタント株式会社 代表 明堂浩治
  • この記事の監修者
    ディバルコンサルタント株式会社
    明堂浩治
    大手建設会社20年勤務

窓の後付けや増設リフォームにかかる費用の相場

後付けや増設では、初めから窓を設置する場合と比べて費用が高くなります。

これは、窓を後付けする際には壁を壊してサッシと窓をはめ込み、その周りの壁を補修することになるからです。

最初から設置する場合は壁紙を貼る前に取り付け、基礎工事の際に窓のスペースを確保しておくことができます。

窓の新設リフォームにかかる費用の相場は約10万~20万円です。

窓とサッシの合計金額の相場は約4万~25万円と非常に幅広いため、グレードが高いものを使用する場合は総費用が30万円を超えることがあります。

サッシや窓には防音性や耐火性、耐久性に優れたものなどがあり、機能性が高いものほど価格帯が高いです。

ベランダに出られるように大きな窓を新設する場合にかかる費用の相場は、約15万~25万円です。窓はサイズが大きいものほど高くなります。

また、大きい窓は取り付けに手間がかかるため、工賃も比例して値上がりします。

また、壊した壁や壁紙などの廃材が発生するため、別途処分費が請求されます。廃材処分費の相場は約2万~5万円で、リフォーム会社によって大きく変動します。

複数の窓を新設する場合にかかる費用の相場

複数の窓を後付けする場合は割引が適応されることがあります。例えば、窓を2つ増設して総費用が20万円だった場合、約1万~2万の値引きが期待できます。

ただし、設置が難しい場合は値引きが適応されるどころか追加料金が発生することもあります。必ず事前に設置の難易度を含めて細かく調査を依頼しましょう。

窓の増設リフォームにかかる諸経費

窓の増設リフォームにかかる諸経費は廃材処分費だけではありません。運搬費や大型家具の移動費、マスキングテープによる養生費などがかかります。

窓の運搬は一定以上のサイズの車が必要になります。約4000~8000円が価格の相場です。大型家具の移動費の相場は1つにつき約3000~4000円です。

養生費は約1万~3万円が相場です。養生をせずに施工すると、周りの壁が傷ついて返って補修費が余計にかかることになる場合があります。

リフォームする際のポイント

もしリフォームを実際に行うとなった際には、ぜひお近くのリフォーム会社に一度ご相談することをおすすめします。

リフォーム会社に相談する時に一番気になるのは「いくらかかるのか」という金額の部分かと思います。

正確なリフォーム金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

その際に、損をしないリフォームを実現するために重要なことが一点あります。

それは、リフォーム会社1社のみに現地調査と見積もりをお願いするのではなく、複数社に依頼して、必ず「比較検討」をする!ということです。

複数の会社に依頼する時のポイントは「同じ条件」で依頼することです。バラバラの条件で依頼をすると、正しい比較ができません。

このポイントをきちんと押さえ、複数の会社の提案を受けることでご希望のリフォームの適正価格が見えてきます。

「色んな会社に何度も同じことを伝えるのがめんどくさい…。」という方はカンタンに複数社を比較検討できるサービスもございますので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!