1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 会社を調べる
  4.  > 
  5. 東京
  6.  > 
  7. 港区で評判のリフォーム会社や補助金一覧

キーワードから探す


2018年12月14日更新

港区で評判のリフォーム会社や補助金一覧

東京都港区では、住宅に太陽光発電設備などのエネルギー機器や、省エネルギー機器を設置する場合に補助金を受けることができます。港区でこれらの機器を用いたリフォームをお考えの方、予定されている方向けに評判の良いリフォーム会社を調査しました。

港区のリフォーム会社の選び方

港区では、高断熱窓の導入や高反射率塗料での塗装、また、耐震化改修費用などについての助成制度を利用することができます。

下記の「港区で評判のリフォーム会社一覧」では、港区にあるリフォーム会社や工務店を紹介しています。ぜひリフォーム会社選びの参考にしてください。

港区で評判のリフォーム会社一覧

D.S.Pコーポレーション株式会社
所在地東京都港区南青山1-21-10 青山フラット1F
TEL0120-78-1416
対応
建物種別
戸建て マンション・アパート 店舗・オフィス
対応
工事種別
バリアフリー・介護 フルリフォーム・リノベーション 増築・改築 水まわり(キッチン・浴室・トイレなど) 内装(床・壁紙・天井など) 外構・エクステリア 屋根・外壁
会社の特徴
夢・理想・感動、そして笑顔を・・・

弊社は「すべての人々に笑顔を・・・」をテーマに、一般内装から商業施設にいたるまで
「ほんもの」で夢ある空間設計をお客様と一緒に考え、それを形にし、叶える事を使命と思う
内装総合コンサルティング会社です。
特に、防音に関しては特化しており一般住宅のピアノ・ドラムなどの楽器練習防音室から
オーディオルームやシアタールーム、リハーサルスタジオ、ダンススタジオ
その他、専門スタジオまで幅広いジャンルの設計、施工を行っております。
この会社への相談

港区で受けられるリフォーム補助金・助成金

港区では、高断熱窓の導入や高反射率塗料による塗装、また、耐震化改修費の助成や、高齢者や要介護者などに対する住宅改修費支給などの助成を受けることができます。

以下では、港区で受けることができる、主なリフォーム補助金や助成金について紹介します。なお、情報は2018年12月5日現在のもので、要件などの詳細はご利用前に確認が必要です。

創エネルギー・省エネルギー機器等設置費助成制度

区内にある住宅に居住する区民や事業者などであれば、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出量を削減することを目的として設備改修や対象機器を設置する場合、費用の一部について助成を受けることができます。

平成30年度の助成対象工事は、高断熱サッシの導入、省エネ診断結果に基づく設備改修、日射調整フィルムの設置、太陽光発電や蓄電システム、またはエネファームの設置などとされています。

助成は、高断熱サッシを導入する場合、10万円を上限として費用の4分の1を、また、省エネ診断結果に基づく主に事業所の設備改修の場合であれば、100万円を上限として、費用の4分の1について助成を受けることができます。

高反射率塗料等材料費助成制度

区内にある建物の所有者であれば、地球温暖化対策やヒートアイランド対策として、屋上や屋根に高反射率塗料の被覆工事を実施する場合、材料費の一部又は全部について助成を受けることができます。

個人住宅の場合、30万円を上限として、材料費または1平方メートル当たり2千円を対象面積に乗じた金額のいずれか低い額について、助成を受けることができます。共同住宅の場合、100万円が上限となります。

既存住宅における高断熱窓導入促進事業

都内にある住宅の所有者であれば、高断熱窓への改修について、50万円を上限として、費用の6分の1について助成を受けることができます。

民間建築物耐震化促進事業(補強設計・改修工事助成)

1981(昭和56)年5月31日以前に建てられた、区内にある建物の所有者または代表者であれば、区の耐震設計に沿って木造または非木造建築物の耐震改修を行う場合、費用の一部について助成を受けることができます。

木造の場合、200万円を上限として、費用の2分の1について助成を受けることができます。非木造の場合の上限額は、個人住宅であれば300万円に、分譲マンションであれば7,000万円に増額されます。

要支援・要介護者の「住宅改修費支給」

区内の要支援・要介護と認定された方が、手すりの取り付けや段差の解消など、自宅で自立した生活を送ることを目的として住宅を改修する場合、20万円を限度として、費用の最大9割について補助を受けることができます。

高齢者自立支援住宅改修給付

介護認定を受けていない65歳以上の区民であれば、日常の動作に困難があり、手すりの取付けや段差の解消などの住宅の改修が必要と認められる場合、20万円を上限として、費用の9割程度について助成を受けることができます。

また、介護認定を受けている方も含め、浴槽の取り替えでは上限を37万9千円、流しや洗面台の取替えでは15万6千円など、設備改修工事費用に関する助成を受けることもできます。

リフォームする際のポイント

もしリフォームを実際に行うとなった際には、ぜひお近くのリフォーム会社に一度ご相談することをおすすめします。

リフォーム会社に相談する時に一番気になるのは「いくらかかるのか」という金額の部分かと思います。

正確なリフォーム金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

その際に、損をしないリフォームを実現するために重要なことが一点あります。

それは、リフォーム会社1社のみに現地調査と見積もりをお願いするのではなく、複数社に依頼して、必ず「比較検討」をする!ということです。

複数の会社に依頼する時のポイントは「同じ条件」で依頼することです。バラバラの条件で依頼をすると、正しい比較ができません。

このポイントをきちんと押さえ、複数の会社の提案を受けることでご希望のリフォームの適正価格が見えてきます。

「色んな会社に何度も同じことを伝えるのがめんどくさい…。」という方はカンタンに複数社を比較検討できるサービスもございますので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!

長谷工 リフォーム 芝店 株式会社リフォーム・ステーション 株式会社クラフト 青山オフィス 株式会社 スイファ