1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 費用を調べる
  4.  > 
  5. 内装
  6.  > 
  7. クローゼットをリフォームする費用・価格の相場は?

キーワードから探す


2017年11月02日更新

クローゼットをリフォームする費用・価格の相場は?

住まいの収納スペースは、家具を必要とせずすっきりと片付けられるので、多ければ多いほど便利ですね。クローゼットがない部屋に増設するリフォーム事例も多くなっています。いろいろなタイプのクローゼットをご紹介しながら、リフォームにかかる費用の相場をチェックしてみましょう。

クローゼットのタイプ

クローゼットとは、間取りの一部に設計された衣類を仕舞う収納スペース、または洋風の収納家具のことを指します。

間取りの一部に設計されたクローゼット

住宅の間取りの一部として設計されるクローゼットには、壁を利用した壁面クローゼットや、間仕切壁を利用したウォークインクローゼットなどがあります。

壁面クローゼット

壁面クローゼットはよく見る一般的なクローゼットタイプで、和室でいうと押入れです。洋室の壁を利用した収納スペースで、内部にはハンガーパイプや棚が取り付けられています。

壁面クローゼットのメリットとデメリット

壁面クローゼットのメリットは、洋服が横一列に収納されるので探しやすいことです。棚やクローゼット用の引出しを活用することで、上部や下部も有効に収納できます。

収納力が高い割に壁面のコンパクトなクローゼットとなるので、増設する場合も省スペースリフォームが可能です。

しかし奥行が狭かったり、ハンガーポールや棚の位置によっては大型の物の収納ができないことがデメリットと言えます。

壁面クローゼットを増設する費用相場

壁面クローゼットを増設は、造作壁、クローゼットの扉の取り付け、内部にハンガーポールや棚の取り付けの工事になります。

1間の幅のクローゼット増設:約15万~25万円

人が出入りできるウォークインクローゼット

人が出入りできるクローゼットをウォークインクローゼットと言い、2~3帖程度の広さが一般的です。

建築基準法では、居室には採光や換気のための開口部がなければなりませんが、ウォークインクローゼットや納戸は居室ではないので、窓がなくても構いません。

ウォークインクローゼットのメリットとデメリット

ウォークインクローゼットは、その広さから衣類だけでなく、キャリーバッグ、スキー板、ゴルフクラブなどの大型の物、扇風機やストーブなどの季節家電も収納できることがメリットです。

デメリットとしては、人が歩く通路スペースを確保しなければならないことです。人の通行には最低でも60cm程度は欲しいところです。

ウォークインクローゼットを増設する費用相場

ウォークインクローゼットを増設する場所にもよりますが、壁の造作と扉を設置して小部屋をつくり、内部には収納棚やハンガーポールを取り付けます。

2~3帖のウォークインクローゼット増設:約20~50万円

クローゼット用の扉や収納パーツの価格相場

クローゼット用の扉や収納パーツの価格相場もご紹介しましょう。部分的なリフォームの際に参考にしてくださいね。

扉タイプ別価格相場

折れ戸(フリータイプ):約5万円~
開き戸(両開きタイプ):約3万円~
開き戸(片開きタイプ):約3万7,000円~
引き戸(片引き戸タイプ):約7万4,000円~
引き戸(引き違いタイプ):約10万円~

収納パーツ別価格相場

ハンガーポール設置:約2~3万円
棚設置:約3~5万円

収納家具としてのクローゼット

部屋に造作壁や扉を取り付けるクローゼットに対し、収納家具としてのクローゼットは独立しているので工事を必要としません。

収納家具としてのクローゼット

クローゼット家具と言ってもロッカータイプや引出しタイプなど、スタイルはさまざまです。それぞれの特長や価格の相場をまとめました。

ロッカータンスタイプ

ロッカータンスタイプはハンガーポールに洋服を吊り下げられるクローゼットで、ワンピースやロングコートなど、丈の長いものを収納することができます。上部や下部に棚がついていればバッグや帽子なども収納できます。

幅60cm×高さ180cm:約2万円~

ブレザータンスタイプ

ブレザータンスタイプもハンガーポールの付いたクローゼットですが、上下2段に分かれています。スカートやブレザーなど、丈の長くない衣類の収納に便利です。

幅60cm×高さ180cm:約2万円~

整理タンスタイプ

整理タンスタイプにはハンガーポールがなく、棚のみのクローゼットです。畳んで収納するワイシャツやTシャツ、ハンドバッグや小物の収納に活躍します。

幅60cm×高さ180cm:約2万円~

引き出しタイプ

その名の通り、引き出しで構成されているクローゼットです。衣類のほかにもタオルや肌着、靴下などさまざまなものを収納できます。ホコリがかからないことがメリットです。

幅60cm×高さ180cm:約3万円~

マルチ収納タイプ

マルチ収納タイプは、上記の各タイプが組み合わさったクローゼットなので大型家具になります。ひとつあれば、丈の長い衣類から短い衣類、畳んで引き出しにしまう衣類、バッグや帽子などの小物まで収納できます。

幅120cm×高さ180cm:約9万円~

カーテン付きクローゼット

カーテン付きクローゼットは、扉ではなくカーテンで開閉します。ロッカータイプとラックタイプのものがありますが、どちらも比較的価格が安いことがメリットです。

幅78cm×高さ160cm:約1万5,000円~

クローゼットポールタイプ

クローゼットポールはクローゼット用のハンガーポールです。上下に突っ張るタイプと水平に突っ張るタイプがあり、いろいろな幅のクローゼットに対応できます。

幅120~200cm×高さ70~120cm:約4,000円~

和室の押入れや床の間をクローゼットにリフォーム

和室の押入れや床の間をクローゼットにリフォームする方法もあります。

天袋もある押入れなら、床から天井までのクローゼットにリフォームできますね。さらに床の間が隣り合わせていれば、押入れから床の間までの大型クローゼットへのリフォームが可能です。

押入れ中段棚と天袋、床の間と押入れの間仕切り壁、床の間の小壁、床などの解体と、クローゼット内部の内装、棚やハンガーパイプ、扉の取り付けなどの工事になります。

押入れや床の間をクローゼットにするリフォーム費用

1間の床の間をクローゼットへ:約10万円~
1間の押入れをクローゼットへ:約15万円~
1間の押入れと床の間をクローゼットへ:約40万円~

気になるクローゼットの湿気対策

クローゼットを増設したときに気になるのは湿気です。特に外壁に面している場所につくる場合はしっかりと湿気対策をしましょう。

LIXILのエコカラットは、調湿効果のあるタイル内装材です。また臭いを吸着する機能もあるので、衣類を長期間保管しても嫌な臭いがつきません。

エコカラットの施工価格相場

エコカラットは多彩なデザインが揃っています。シリーズ別の施工価格の相場は以下の通りです。

ベーシックシリーズ:約1万円/平方メートル
モザイクシリーズ:約1万3,000円/平方メートル
グラナスシリーズ:約1万7,000円/平方メートル

クローゼットリフォームはどこまでdiyで可能?

diyが好きな方なら、クローゼットのリフォームにも自分で挑戦してみたいですね。しかしリフォームの内容次第ではdiyでは不可能な場合もあります。

diyでも可能なリフォーム

ハンガーパイプや棚の設置などはdiyでも可能ですが、ネジを打つ場所には注意が必要です。ハンガーパイプや棚を設置するネジは、間柱や胴縁などの構造柱に留めないと荷重に耐えることができません。

一般的な木造軸組構造の住宅では、間柱は横方向に455mm間隔、胴縁は水平方向に363mmまたは455mm間隔で入っています。下地の位置を見つけられる「下地センサー」を利用すると良いでしょう。

鉄筋コンクリート造のマンションの場合、コンクリート壁には穴を開けてコンクリート用アンカーを取り付ける方法があります。

ただし、マンションの管理規約で建物の耐力壁には穴を開けられないことも多いので、diyで設置する場合は注意が必要です。

リフォーム会社に依頼すべきリフォーム

クローゼットを増設する場合や、押入れや床の間をクローゼットにリフォームする場合は、壁の解体や造作する大工工事が必要になります。

また扉の設置もドア枠やレールの施工が必要となるので、リフォーム会社に依頼するのがベストです。

優良なリフォーム会社を簡単に探すには

ここまで説明してきた各種リフォーム費用は、あくまで一例となっています。

正確なリフォームの金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「リフォーム会社を自分で探して問い合わせするのが億劫...。」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

無料の比較見積もりはこちら>>

住宅リフォーム売上ランキング上位6社の内、5社の大手リフォーム会社が加盟しているので安心してご利用いただけます。

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!