1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 費用を調べる
  4.  > 
  5. フルリフォーム
  6.  > 
  7. 50・60・70平米のスケルトンリフォームにかかる費用や価格の相場は?

キーワードから探す


2017年10月27日更新

50・60・70平米のスケルトンリフォームにかかる費用や価格の相場は?

50~70平米の住宅で行うスケルトンリフォームは、一戸建て・中古マンションなど、建物のタイプによって、プランニングの内容や費用相場、工事の種類も異なります。希望するリフォームが行えるかどうか、予算面や施工可能な工事などをもとに計画していきましょう。

スケルトンリフォームの基本的な費用相場

スケルトンリフォームの費用は、施工する建物の面積によって変動します。

平米ごとの費用相場を知る前に、まずは、スケルトンリフォームに必要な工事の費用相場を知っておきましょう。

戸建て住宅のスケルトンリフォーム費用

戸建て住宅で行うスケルトンリフォームでは、解体工事、仕上げ工事だけでなく、外壁や屋根などの外装工事費用や、基礎や土台の補強、耐震改修、断熱改修など、様々な工事が発生します。

戸建て住宅の基本的な工事費用

※平方メートルあたりの単価
・解体工事費用:約1~3万円
・耐震補強工事費用:約2~6万円
・断熱補強工事費用:約1~3万円
・外壁、屋根工事費用:約3万円
・内装工事費用:約2万5千円
・電気配線工事費用:約1万5千円
・給排水管工事費用:約8千~2万円

この単価を元に、施工面積ごとに計算すると、住宅ごとの工事費用の相場を調べることができます。ただし、内装工事の量や選んだ建材のグレード次第で、工事費用は大きく変動ます。

例えば、同じ床材でも、化粧シートのフローリングは平方メートルあたり約3~5千円ですが、無垢材になると、平方メートルあたり約8千~1万5千円と、大きく金額が異なります。

戸建て住宅の水回り設備交換費用

※機器の本体価格・取り付け費用を含む金額です
・システムキッチン交換費用:約70万円
・ユニットバス交換費用:約80万円
・洗面台交換費用:約40万円
・トイレ交換費用:約20万円

合計:約210万円

なお、機器の価格は、各水回りメーカーの、スタンダードクラス・標準仕様商品を参考にしています。

マンションのスケルトンリフォーム費用

マンションは解体する箇所が少なく、耐震補強工事など基礎に手を加える工事や、外壁や屋根工事なども行えないため、同じ施工面積でも、戸建住宅より費用は安くなる傾向にあります。

マンションの基本的な工事費用

※平方メートルあたりの単価
・解体工事費用:約1~3万円
・内装工事費用:約2万5千円
・電気工事費用:約1万5千円
・水道工事費用:約8千円

マンションの水回り設備交換費用

※本体価格・取り付け費用を含む設備ごとの交換費用
・システムキッチン交換費用:約60万円
・ユニットバス交換費用:約70万円
・洗面台交換費用:約20万円
・トイレ交換費用:約20万円

合計:約150万円

こちらの費用も、スタンダードクラスの一般的な価格帯の商品を想定しています。ただし、賃貸物件向けの機器は、一戸建て住宅用の機器よりも、やや割安になる傾向にあります。

スケルトンリフォームとリノベーションの違い

スケルトンリフォームは、リノベーションの手法のひとつと考えておくと良いでしょう。

スケルトンリフォームの絶対条件は、「基礎以外の内装・外装をすべて解体すること」です。

一方、リノベーションとは、「リフォームによって建物に新しい価値を与えること」であって、必ずしもスケルトン工事が必要というわけではありません。

「フルリフォーム」と表記された施工例を見る時は、スケルトンリフォームなのか、リノベーションなのかを、工事内容をもとに確認しておきましょう。

無料でスケルトンリフォーム費用の「比較見積もり」をしてみる>>

50平米のスケルトンリフォーム費用

50平米(約15坪)以下の建物で行うスケルトンリフォーム費用は、以下の費用相場になっています。

建物タイプ別・費用相場

・50平米の戸建て住宅をスケルトンリフォーム:約860~1300万円
・50平米のマンションをスケルトンリフォーム:約500~800万円

50平米で行うリノベーションとの費用差

リノベーションの場合、解体工事は大規模にならないことが多く、屋根や外壁などに手を加えるフルリフォームもすべての施工例で必ず実施されているわけではありません。

そのため、スケルトンリフォームよりも、リノベーション費用の方が若干安くなる傾向にあります。

・50平米の戸建て住宅をリノベーション:約800~1100万円
・50平米のマンションをリノベーション:約400~600万円

50・60平米のリノベーション費用について詳しくはこちら

50平米スケルトンリフォームの事例

以下は、50平米の建物で行える、スケルトンリフォームの事例です。

コンパクトな建物でも、プランニング次第で、窓や吹き抜けで採光性を確保し、造作家具で収納不足を補うことができます。

一戸建て住宅の事例

■費用:約1350万円
■リフォーム内容:
・リビングの天井を吹き抜けに変更
・水回り設備一式の交換
・窓を増やして採光性の向上

中古マンションの事例

■費用:約800万円
■リフォーム内容:
・あえて間仕切り壁を設け、SOHO住宅にリフォーム
・造作収納、造作カウンターを設置
・仕事場と居室を隔てる壁にはガラス窓を設置

60平米のスケルトンリフォーム費用

60平米分のスケルトンリフォームは、マンションでの施工例が多くなりますが、一戸建て住宅でも行われています。

建物タイプ別・費用相場

・60平米の戸建て住宅をスケルトンリフォーム:約990~1650万円
・60平米のマンションをスケルトンリフォーム:約600~900万円

60平米で行うリノベーションとの費用差

・60平米の戸建て住宅をリノベーション:約800~1400万円
・60平米のマンションをリノベーション:約500~700万円

60平米スケルトンリフォームの事例

60平米分スケルトンリフォームでは、一戸建て住宅の場合、吹き抜けの作成による採光性の向上や、開口部の位置変更による通気性の向上など、限られた面積を有効に使うプランニングが行われます。

一方、中古マンションの場合、間仕切りや和室を撤去して、広いリビングを作るリフォームなどが行われることがあります。

60平米のコンパクトなマンションでも、スケルトンリフォームによってファミリー向けの間取りに変更することができるでしょう。

ただし、鉄筋コンクリート造のマンションは、間仕切り壁の解体が行えないものも多いため、物件を購入する時は、希望するリフォームが行えるか必ず確認しておきましょう。

一戸建て住宅の事例

■費用:約950万円
■リフォーム内容:
・間仕切り壁を引き戸に変更
・基礎部分の耐震補強工事を実施
・構造計算をやり直し、吹き抜けと窓を追加
・玄関の位置とリビングの窓を合わせ、建物の通気性を確保

中古マンションの事例

■費用:約650万円
■リフォーム内容:
・和室と洋室を区切る間仕切り壁を撤去
・和室部分はリビングと一体化、または小上がりに変更して収納兼寝室に
・キッチンはあえて壁付けにして、リビングの面積を確保

70平米のスケルトンリフォーム費用

70平米の家になると、スケルトンリフォーム・リノベーションともに、施工例の費用相場は約1000万円前後になり始めます。

建物タイプ別・費用相場

・70平米の戸建て住宅をスケルトンリフォーム:約1100~1700万円
・70平米のマンションをスケルトンリフォーム:約800~1250万円

70平米のリノベーションとの費用差

・70平米の戸建て住宅をリノベーション:約900~1600万円
・70平米のマンションをリノベーション:約700~1000万円

70・80・90平米のリノベーション費用について詳しくはこちら

70平米スケルトンリフォームの事例

70平米の住宅で行うスケルトンリフォームも、採光性・通気性・動線・収納の4点がプランニングのポイントになります。

一戸建て住宅の事例

■費用:約1100万円
■リフォーム内容:
・間仕切り壁を撤去してリビングを拡張
・別室にあったキッチンを、リビングにアイランドキッチンとして移動
・取り外せない筋交いは、リビングのインテリアとして再利用

中古マンションの事例

■費用:約850万円
■リフォーム内容:
・間仕切り壁を撤去し、子どもと遊べる広いリビングに変更
・壁付けキッチンを対面キッチンに変更し、家事のあいだも子どもに目が届く間取りに
・スキップフロアの上に寝室を設け、フロア内部は収納スペースに

スケルトンリフォームが得意な会社を見つけるには?

ここまで説明してきた50・60・70平米以下のスケルトンリフォームの費用は、あくまで一例となっています。

正確なスケルトンリフォーム費用を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「リフォーム会社を自分で探して問い合わせするのが億劫...。」

「複数社に何回も同じ説明をするのがめんどくさい...。」

そんな方は、カンタンに無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

住宅リフォーム売上ランキング上位6社の内、5社の大手リフォーム会社が加盟しており、高額のスケルトンリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の比較見積もりはこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!