1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 費用を調べる
  4.  > 
  5. フルリフォーム
  6.  > 
  7. 1LDKのリノベーション費用は?人気のデザイナーズ賃貸をしたい方必見!

キーワードから探す


2018年10月10日更新

1LDKのリノベーション費用は?人気のデザイナーズ賃貸をしたい方必見!

古くなった1LDKのマンションをリノベーションするとどんな効果があるのでしょうか?賃貸では中古住宅は入居希望者が少なくなってしまいますが、リノベーションを行った物件では新築に近い人気となります。そこで、リフォーム事例と費用について調査しました。

  • 【監修者】株式会社フレッシュハウス 樋田明夫
  • この記事の監修者
    株式会社フレッシュハウス
    樋田明夫
    営業戦略室 室長

マンションをリノベーションすると何が変わる?

賃貸物件では、入居者が入れ替わるたびに原状回復をします。

この時、壁紙の張替えや床材の補修、必要なら住宅設備の交換も行うため、新しい入居者が部屋を借りる際には設備や内装はきれいな状態となっていることでしょう。

部屋の見た目も問題無く、設備にも故障や老朽化が見られないにも関わらず、何故リノベーションを行うオーナーが多いのでしょうか?

1LDKのリノベーション費用は?人気のデザイナーズ賃貸をしたい方必見!

また、中古住宅の売買では、購入後にリノベーションを行ってから住むという方が増加しています。

中古住宅や古くなった賃貸物件をリノベーションすることで得られるメリットと、工事にかかる費用について見ていきましょう。

使いやすい物件は人気が高まる

賃貸物件の場合、問題無く利用できる、生活に支障が無い程度の部屋ではなかなか選ばれることはありません。

もちろん、駅に近かったり周辺環境が良かったりなどの強みがあればその限りではありませんが、基本的に部屋自体の魅力が高い方がより入居者が決まりやすくなります。

リノベーションを行えば中古住宅でも新築のように見た目が良く、使いやすい設備が揃った快適な空間へと作り替えることができ、他の部屋より住まい選びを行っている方に選ばれやすくなるでしょう。

中古物件をリノベーションするメリット

中古物件をリノベーションした場合のメリットは、なんといっても安価に住宅を購入できるということです。

1LDKのマンションを購入する場合、新築なら地域や広さにもよりますが安くても約2,000万円は必要です。

しかし、中古物件なら高くとも同程度の物件なら割安で購入できますし、新築では難しい良い立地条件の物件を探しやすくなるでしょう。

また、新築マンションの場合は最初にある程度間取りや設備が決められてしまいますが、中古物件を購入してリノベーションを行えば、ある程度間取りや住宅設備を自由に選べます。

そのため、できるだけ快適で便利な空間を求めている方の間でマンションのリノベーションが人気となっているのです。

マンションのリノベーションに必要な費用

賃貸、分譲のどちらの場合も、工事費用はそれほど変わりません。

水回りのリフォームなら、トイレの便器を交換すれば約7万円、トイレのフルリフォームなら約15万円、キッチンは使用する製品にもよりますが、基本的なものなら約40万円程度で交換できるでしょう。

内装についても、1LDKの部屋なら、クロスやフローリングの張替えは合計約40万円が相場です。

しかし、賃貸物件では、自分の住む部屋をリノベーションする場合とは色々違うことに注意しなければいけません。

実際のリノベーション事例と工事費用

中古物件のリノベーションでは、キッチンやトイレ、浴室などの水回りを交換する小規模なもの以外にも、間取りなども変更する大規模な工事も多く行われています。

フルリノベーションの際にかかる費用は、水回りのリフォーム、クロスの張替え、床を畳からフローリングへと変更する工事を行い、その他の設備なども総入れ替えした事例では約300万円となります。

他の事例でも、同程度の工事内容なら大体同じ費用となっていますので、1LDKマンションをフルリノベーションするなら約300万円程度かかると考えておくと良いでしょう。

マンションのリノベーション費用の相場はこちらの記事でも解説しています

賃貸物件のリノベーションで注意すること

賃貸物件の場合、あくまでも住むのは工事を依頼するオーナーでは無く、物件を見て住みたいと思ってくれた入居者です。

ですので、オーナーが使いやすい、見た目が良いと考えて選んだ設備や内装をつかってリノベーションを行ったとしても、意外と人気が無く、入居者が決まらないなんてこともあります。

賃貸物件をリノベーションする場合は、極力好みが出ないよう、シンプルで癖の無いデザインに仕上げると良いでしょう。

無料で1LDKのリノベーション費用の「比較見積もり」をしてみる>>

賃貸物件のリノベーションについてはこちらの記事でも解説しています

リノベーションの際には痛みやすい部分を必ず交換しておこう

マンションに限らず、ある程度年数の経った物件では、どうしても目に見えにくい部分が老朽化しています。

そのため、見た目は問題無いように見えていたとしても、実際に暮らしはじめると早い段階でトラブルが起こってしまい、修理費用が余分にかかってしまうこともあるのです。

中古住宅で老朽化しやすい部位とは

経年劣化によってトラブルが起こりやすい部位とは、水回りの配管です。

給排水用の配管は、塩ビ管などが用いられており、そう簡単に劣化してしまうものでは無いのですが、繋ぎ目などに用いられている接着剤は温度差などによってだんだんと弱くなってしまいます。

特に台所や浴室の場合、冷たい水と熱いお湯のどちらも流れるため、新築から約20年程度たっている場合はいつ水漏れが起こっても不思議では無いのです。

もし老朽化した配管から水漏れが起こった場合、水量が多ければ階下の部屋に水が流れ落ちて家具などに被害を与えてしまう可能性がありますし、水量が少なくても躯体に排水が浸透し、痛めてしまう可能性もあります。

1LDKのリノベーション費用は?人気のデザイナーズ賃貸をしたい方必見!

このようなトラブルが発生した場合、配管だけを修理して解決すれば良いのですが、気づくのが遅ければ大規模な修繕が必要となるかもしれません。

そうなれば修理費用も高く付きますし、工事期間も長くなるでしょう。

リノベーションの際に水回りの配管についてもリフォームしておけば、このようなトラブルの発生を予防することができます。


マンションリノベーションは会社選びが大切

マンションのリノベーションを依頼する場合に重要なのは、自分の希望にあった工事を納得できる費用で行ってくれるリフォーム会社を選ぶことです。

そのためには、事前の情報収集も大切ですが、実際に見積もりを依頼し、プランや費用などを確認すると良いでしょう。

複数のリフォーム会社に見積もりを依頼するとなると、選ばなかった会社に断りを入れるのが申し訳ないと思われるかも知れません。

見積をお願いする時点で相見積(あいみつもり複数の会社に見積を頼んでいること)で有る事を言っておくと事後の話が進めやすいかもしれません。

しかし、1社だけの見積もりでは費用や工事の内容が適切かどうかを判断することは難しいため、複数の会社の見積もりを比較して問題が無いかどうかをチェックした方が安心です。

フルリフォーム・リノベーションに対応する優良な会社を見つけるには?

ここまで説明してきたフルリフォーム・リノベーションは、あくまで一例となっています。

正確なリフォームの金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」

「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。」

そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。

大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国700社以上が加盟しており、フルリフォーム・リノベーションを検討している方も安心してご利用いただけます。

無料の見積もり比較はこちら>>

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!