1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 費用を調べる
  4.  > 
  5. 庭・ベランダ
  6.  > 
  7. テラスの増築・後付け・拡張リフォームにかかる費用や価格は?

キーワードから探す


2017年07月14日更新

テラスの増築・後付け・拡張リフォームにかかる費用や価格は?

テラスは家の一部として素敵な空間を演出することができるエクステリアです。外構から繋げることで、家全体の一体感を出すこともできます。テラスの拡張や、後付け、またはテラス新設やサンルームの増築などのリフォーム工事にかかる費用や相場価格について説明します。

  • 【監修者】ディバルコンサルタント株式会社 代表 明堂浩治
  • この記事の監修者
    ディバルコンサルタント株式会社
    明堂浩治
    大手建設会社20年勤務

外構とエクステリアの違いおよびテラスについて

庭のリビングのような雰囲気を楽しめるテラスですが、一般にテラスとは住宅の掃きだし窓や扉と繋がっていて、地面より一段高くなっているものを指します。そして庭の方に延長しているエクステリアのひとつです。

エクステリアとは、建物の周りの空間環境すべての物を指します。

植木、花壇、テラスなどトータルデザインのことで、インテリアが家の中のデザインなら、エクステリアは家の外のデザインということになります。

一方、外構はトータルのものではなく門、垣根、塀、カーポートなどの個々の構造物を指します。

昔は、門だけをリフォームするというような外構工事が多かったようです。

しかし、現在では門から玄関に続くタイルや花壇などのトータルデザインでのリフォームが多くなったために、エクステリアという言葉が一般的になってきたのだといわれています。

最近では、テラスに屋根がついているものも多く見受けられます。

また、テラス部分にサンルームを増築するということも可能なので、様々な希望に沿ったテラスにリフォームすることができます。

※設置面積により行政への届け出が必要になります。

リフォームでテラスを後付け、拡張、新設する場合のメリット

既存のテラスに屋根を後付けしたり、屋根付きテラスを新設したりすることで夏の強い日差しを避けることができます。

また、雨を防ぐことができて、洗濯物も濡れずにすみます。

テラスを新設・拡張するリフォーム工事を行った場合は、外にリビングができたような雰囲気があり、家の中と外の一体感を感じることができます。

また、ティーパーティーやバーベキューなどをして楽しめます。

さらに、既存のテラスにテラス囲いを後付することや、サンルームを増築することで太陽の光を浴びながら、個室にいるような雰囲気を味わうことができます。

特にサンルームは気密性、水密性が高いのが特徴です。

テラスのメリット・デメリットはこちらの記事でも解説しています

サンルームのメリット・デメリットはこちらの記事でも解説しています

テラスの新設、拡張、増設工事にかかる費用と相場価格

テラスのリフォームは多岐にわたっているので、様々なケースがありますが、その中からいくつかのケースを例にとり、リフォームにかかる費用や相場の価格をみてみましよう。

テラス屋根を後付けした場合の費用と相場価格について

テラスの屋根には先端がカーブしているアール型と、先端が曲がっていないストレート型があります。

アール型は雨や雪が落ちやすく、ストレート型はシャープな印象があります。

相場価格は幅3600mm×奥行1800mmのもので、約15万円から約25万円です。

遮熱効果のあるものやUV効果のある素材を選ぶと費用も多少上がります。

屋根を選ぶときは耐雪、耐風といった観点からも、しっかりした素材のものを選ぶと良いでしょう。

ウッドデッキ、タイルなどテラス本体を新設・拡張する場合の費用

テラスで人気が高いウッドデッキは、天然の温もりを感じられる天然木と、腐りにくい樹脂製があります。

一般的なテラスリフォーム工事での相場価格は約20万円から約45万円です。

ウッドデッキの場合、天然木は10平方メートル当たり約28万円~約40万円、人工木は10平方メートル当たり約25万円~約35万円といわれています。

テラスの床を土間コンクリートで工事する場合の相場価格は、約15万から約50万円といわれています。

タイルデッキのテラスでは、すでに土台があるリフォームの場合、10平方メートル当たり約10万円~約15万円。

土台がなく新設する場合は、10平方メートル当たり約30万円の費用がかかります。

ウッドデッキの取り付け費用はこちらの記事でも解説しています

タイルデッキの取り付け費用に関するより詳しい記事はこちら

サンルームの後付け・増築にかかる費用と相場価格

サンルームと間違えやすいものに「テラス囲い」があります。

見た目はサンルームに似ていますが、既存のテラスに後付けすることができます。

サンルームが屋根や壁がガラス張りであるのに対し、テラス囲いはポリカーボネートなので、気密性はあまり高くありません。

テラス囲いの工事で大きく違うところは、柱が屋根を支える柱と補助柱だけなので、床面の基礎工事をしなくても良く、簡単にリフォーム工事ができるということです。

一方、サンルームはコンクリートで基礎をつくり、周囲を柱で支えてガラス張りにします。

そのため、サンルームを作る場合は「増築する」という言葉を使うのが一般的です。

サンルームの相場価格は、テラス囲いのようなシンプルなもので、約50万円から約80万円。

本格的なサンルームになると約80万円から約150万円といわれています。

複雑な形状や大きなもの、またデザイン性の高いハイグレードなものになると、費用はさらにかさんでいきます。

サンルームを増築リフォームするのにかかる費用に関する詳しい記事はこちら

リフォームする際のポイント

もしリフォームを実際に行うとなった際には、ぜひお近くのリフォーム会社に一度ご相談することをおすすめします。

リフォーム会社に相談する時に一番気になるのは「いくらかかるのか」という金額の部分かと思います。

正確なリフォーム金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

その際に、損をしないリフォームを実現するために重要なことが一点あります。

それは、リフォーム会社1社のみに現地調査と見積もりをお願いするのではなく、複数社に依頼して、必ず「比較検討」をする!ということです。

複数の会社に依頼する時のポイントは「同じ条件」で依頼することです。バラバラの条件で依頼をすると、正しい比較ができません。

このポイントをきちんと押さえ、複数の会社の提案を受けることでご希望のリフォームの適正価格が見えてきます。

「色んな会社に何度も同じことを伝えるのがめんどくさい…。」という方はカンタンに複数社を比較検討できるサービスもございますので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!