1. ハピすむトップ
  2.  > 
  3. 費用を調べる
  4.  > 
  5. 庭・ベランダ
  6.  > 
  7. 格安でテラスの雨漏りや防水リフォーム工事をするには?

キーワードから探す


2017年04月26日更新

格安でテラスの雨漏りや防水リフォーム工事をするには?

テラスそのものだけではなく、テラスの屋根から雨漏りや漏水が起こる場合があります。症状に合わせて塗装やコーキング(シーリング)処理などで防水しましょう。今回は、格安、激安でテラスの雨漏りや防水リフォーム塗装工事をする方法について解説します。

  • 【監修者】ディバルコンサルタント株式会社 代表 明堂浩治
  • この記事の監修者
    ディバルコンサルタント株式会社
    明堂浩治
    大手建設会社20年勤務

テラスの防水リフォームのコストをカットするには

コストを抑えてテラスの防水リフォームを行うためには、まずは部分補修が可能かどうか、リフォーム会社に調査を依頼します。

全体の防水工事が必要と判断された場合は、外壁や屋根の防水工事を一緒に依頼しましょう。

そうすることで全体的に労務費は薄まり割安になります。

また、塗料をメーカーから大量に仕入れているリフォーム業者に外構工事を依頼しましょう。メーカーから直接かつ大量に仕入れることで中間マージンを抑えられるため、低価格で外構工事を行えます。

木製のテラスの場合だと、約1年~2年で塗装が剥がれるため、1回の塗装にかかる費用をできるだけ抑えることがポイントになります。ホームセンターなどで木材保護塗料を購入し、自分で塗装してはいかがでしょうか。

エクステリア業者に依頼した場合、木製テラスの再塗装には1平方メートルあたり約4,000円~8,000円の費用がかかりますが、DIYであれば約2,000円~3,000円という格安、激安価格で行えます。

テラス屋根の雨漏りや漏水を自分で補修する

テラス屋根の雨漏りや漏水の原因として考えられることは、屋根の劣化によるひび割れやコーキング(シーリング)剤の劣化です。

テラス屋根のひび割れが雨漏りや漏水の原因である場合は、屋根ごと交換しなければなりません。そうなれば約3万円~10万円もの費用がかかります。

テラス屋根を交換する場合も、メーカーから直接大量に仕入れているリフォーム業者を選びましょう。

壁とテラス、壁と屋根の接続部分のコーキング(シーリング)剤が劣化している場合もDIYで済ませることが格安、激安で補修をする方法になります。

エクステリア業者に依頼した場合、1カ所あたり約5,000円~1万円が価格の相場ですが、DIYであれば全体で約1,000円~2000円の費用で済みます。

格安、激安でテラスの再塗装やコーキング(シーリング)処理を行いたい場合は、これらを一緒の業者に依頼することがポイントになります。

別々に依頼してしまうと、別途廃材処分費や工賃、交通費などが余計にかかってしまいます。

リフォームする際のポイント

もしリフォームを実際に行うとなった際には、ぜひお近くのリフォーム会社に一度ご相談することをおすすめします。

リフォーム会社に相談する時に一番気になるのは「いくらかかるのか」という金額の部分かと思います。

正確なリフォーム金額を知るためには、リフォーム前に「現地調査」を受ける必要があります。

その際に、損をしないリフォームを実現するために重要なことが一点あります。

それは、リフォーム会社1社のみに現地調査と見積もりをお願いするのではなく、複数社に依頼して、必ず「比較検討」をする!ということです。

複数の会社に依頼する時のポイントは「同じ条件」で依頼することです。バラバラの条件で依頼をすると、正しい比較ができません。

このポイントをきちんと押さえ、複数の会社の提案を受けることでご希望のリフォームの適正価格が見えてきます。

「色んな会社に何度も同じことを伝えるのがめんどくさい…。」という方はカンタンに複数社を比較検討できるサービスもございますので、ぜひご利用ください。

無料の見積もり比較はこちら

一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。

後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!